Category Archives: child pornography issues

萌え絵の違法性

日本においてアニメ的な配色と大きな瞳や可愛らしいとされる記号の組み合わせで構成された、いわゆる「萌え絵」が社会的に広まったのは21世紀に入ってからでしょうか。それ以前からもマンガやアニメは広く市民権を得ていましたが、アニメ・マンガ文化のサブカルチャーともいえるかもしれない美少女・BL系分派がサザエさんやドラえもんなどの作品群と肩を並べる世界に近づいたといえるのかもしれません。 さて日本国内から「日本の萌え絵は性的な要素が強く、直接エロ描写がなくても海外では児童ポルノとして捉えれるからよろしくない」や「萌え絵があまりにも広く社会的に浸透している。海外から嫌悪感どころか場合によっては違法なコンテンツなのだから身の丈をわきまえてもっと大人しくあるべきだ」という主張が2018年にちょくちょく見かけられるようになった気がします。 キズナアイをはじめとするVtuber(バーチャルYouTuber)が社会現象として話題になりはじめてからこの話題は加速しているように思えて仕方ありません。 しかしながら日本のアニメ・マンガにおいて大きな地位を占める「萌え系」が海外では社会的に不謹慎とされる主張や表現の自由の保護に入らないという主張には同意できません。制限速度を超える速度をだせる車の話を持ち出して「車は違法」というような主張に思えます。そもそも海外での規制基準は非常に多種多様なので一括りで論じることは事実誤認や歪曲へとつながりやすいと思います。 まず欧米の基準を持ち出す時には「欧米」の概念を考える必要があります。 アメリカは表現の自由を最大限保証する国として有名で、アメリカでは許容されてもカナダやドイツでは違法とされるような表現物が多々あります。 欧米諸国はは民主主義・市民生活の保全・個人の権利の保護という理念で共通点が多いと言えるでしょう。しかし、具体的にどのようにその理念を守るかについてはさまざまな取り組みを模索し続けています。国によっては驚くほど寛容ですぐ隣の国では極めてきびしかったりします。 つまり「欧米の基準」「先進国の基準」を持ち出すことは曖昧極まりないと思います。 このような欧米各国の異なる取り組み方を意識するのに加え、長い歴史的観点と多様な視点を垣間見れる鳥瞰図が大事である私は考えています。さらにはどの国にも複数の異なる基準が並列し、共存していることを忘れていけません。 さて、ここでアメリカの基準に焦点に当てたいと思います。世界で非常に影響力のある米国の表現規制や視点ですが、次の四つに大別できると思います: (1)連邦法や州法の条文基準と判例 (2)FBやTwitter等ユーザーコンテンツ共有プラットフォーム利用利用規定の基準 (3)特定のコミュニティで受け入れられた基準 (4)個人・団体が提唱する基準 ―これら全部別々です ■(1)連邦法や州法の条文基準と判例 まず(1)ですが、米国は日本と猥褻の取り扱いが大きく異なります。日本では赤裸々な性描写において陰茎と女性器に対して程度の修正を加えれば、題材やその描写の傾向など、作品の内容についてはほぼ一斉に不問とされ、当局から追求されません。これは日本国刑法175条にそのように定義されてからではなくて、猥褻図画に該当嫌疑としての当局の運用基準です。不平不満が多い基準とは思いますが、ある程度までわかりやすいのは否めません。 ときどき書き換えられるのが本当に困りますが。 しかしながら、当局が問題視して警告・逮捕・立件したとしても裁判所で結審されなければ猥褻とは認定されません。日本は米国に比べると警察と検察当局による立件基準はかなり保守的で、法廷で当局の立件が無罪と結審となるケースは少ないです。(ただ、ここ近年増えている印象はあります。) 一方、米国では猥褻は陪審員の結審によって認定されます。日本のように判事ではなく地方に根ざした陪審員が自らの価値観に導かれて違法性を考えます。市民の基準が地方地方によって大きくことなるのが特徴的です。このため、AVの撮影がロスに集中しているなどの現象が発生します。 確かに米国は想像上の未成年の性描写の違法化を1990年代から模索しています。 しかし2002年に米国最高裁はヴァーチャル児童ポルノを違法化を試みた1996年のChild Pornography Prevention Act(児童ポルノ防止法)に対して違憲と言う判断を下しました。しかも9人いる判事が6対3という割合で違憲と認定した事は当時随分話題になりました。この時に最高裁は色々な観点から実在する未成年者を含まない児童ポルノを全面禁止するのは過剰であると指摘しています。 ・同法律は表現の自由が保障されている猥褻ではない表現も違法化している。 ・児童虐待を伴う実在児童ポルノは児童の保護と福祉を踏まえ、表現の自由が守るべき範囲には含まれない。だが、児童虐待を伴わない偶像児童ポルノに同じような「表現の自由を上回る公共の福祉性を優先する必要」は当てはまらない。 ・偶像児童ポルノと実在児童を巻き込む性的虐待犯罪行為の間に明確で直接的因果関係が認められない。 ・実在児童ポルノが違法である最大の理由はその内容ではなく、その製造過程にある。 ・犯罪に使われるかもしれないという可能性だけで、それ自体が無害であるモノ・合法的に制作されたモノを違法化するのは過剰である。 ・違法行為を促がしかねないという理由だけで表現を規制することは過剰である。市民の私的思考を望ましい方向に向けるために法規制するのは不当である。 ・偶像児童ポルノが実在児童ポルノの制作を促がすという論拠は脆弱であり、実際には取扱に非常に厳しい処罰規定が伴う実在児童ポルノを偶像児童ポルノが市場から駆逐する可能性がある。 この2002年の最高裁の判決に不満を持つ人は数多く居ました。半年もしないうちに新たな法律が連邦議会で可決されて、2003年にブッシュ大統領の署名をもってProsecutorial Remedies and Other Tools to end the … Continue reading

Posted in bureaucracy, censorship, child pornography issues, harmful material, Japanese, public morality and media, research | Leave a comment

The Dangers of Fictional Human Rights

I have written in the past about some of the seductive qualities of suppressing unpleasant speech in my entry titled, The Seduction of the Thought Police. Below are some points that I made in that entry: “…when faced with realities … Continue reading

Posted in censorship, child pornography issues, harmful material, public morality and media | 4 Comments

日本と海外からの視点の乖離:2008年ブラジル会議を検証

2015年10月26日に国連の「子どもの売買、児童売春、児童ポルノ」に関する特別報告者、マオド・ド・ブーアブキッキオ(Maud de Boer-Buquicchio)氏による「特に極端な児童ポルノ・コンテンツを扱った漫画は、禁止すべきだ」という発言は大きな話題を呼びました。しかしながら過去に遡るとこのように創作上の行為と現実社会での行為を類似物であるという主張が海外の国際会議では何ら珍しくありません。 兎角、日本のマンガ・アニメの現状から掛け離れた議論が展開されている例として、2008年にブラジルで開催された「第3回子どもと青少年の性的搾取に反対する会議」で日本のアニメ・マンガがどのような脈絡で論じられたかを検証すべきだと思います。 以下、2008年に発表されたエクパット・インターナショナルが発表した論文からの抜粋と小生による翻訳です。 原文:Child Pornography and Sexual Exploitation of Children Online – A contribution of ECPAT International to the World Congress III against Sexual Exploitation of Children and Adolescents (Rio de Janeiro, Brazil 25-28 November) 抜粋箇所:同書の17ページから20ページ 原典は同会議オフィシャルウィブサイトに掲載もその後ドメイン失効でリンク切れの模様http://www.iiicongressomundial.net/congresso/arquivos/thematic_paper_ictpsy_eng.pdf (2015年現在リンク切れですが “Child … Continue reading

Posted in child pornography issues, harmful material, Japanese, news coverage, public morality and media, research, translation and intercultural issues | 2 Comments

Orwellian Obscenity

‘Who controls the past,’ ran the Party slogan, ‘controls the future: who controls the present controls the past.’ -George Orwell, 1984 On April 19th, the offices of Core Magazine were raided by the Tokyo Metropolitan Police. The news regarding the … Continue reading

Posted in bureaucracy, censorship, child pornography issues, harmful material, news, nonexistent youth, public morality and media | 28 Comments

Authority’s Authority

The last few entries of this blog has concerned itself with recent moves to increase censorship in Japan. Some examples of these include increased enforcement of obscenity laws (possibly as a consequence of Tokyo’s bid to hold the Olympics in … Continue reading

Posted in bureaucracy, censorship, child pornography issues, harmful material, nonexistent youth, public morality and media | 7 Comments

Fear and Loathing in the Bold New Olympic Era

Unless you have been living under a rock, or simply don’t care about sports in general, you probably heard about Tokyo winning its bid for the 2020 summer Olympics. This will mean a lot of building and renovating will be … Continue reading

Posted in bureaucracy, censorship, child pornography issues, harmful material, news, public morality and media | 21 Comments

Quick Update: 1st CG Child Porn Arrest, Kanemitsu will be at SDCC

I’m sure you’ve all heard the news about the Japanese police arresting someone who was distributing and selling “CG child porn.” The news spread like a fire storm, so I won’t even link to it. There’s a reason why this … Continue reading

Posted in censorship, child pornography issues, events, news, news coverage, public morality and media | 10 Comments

Quick update: Bill to Expand Child Pornography to include Anime and Manga still on Table.

I am very sorry but I am very busy and unable to write about the recent developments regarding the Japanese Child Pornography Revision Bill. As I have written before, the bill has been shelves for the current session of the … Continue reading

Posted in censorship, child pornography issues, news, nonexistent youth, public morality and media | 22 Comments

Quick Update: Stakes Rise in Japanese Child Pornography Law Revision Debate

I’ve been rather busy as of late, so I have not been able to write more about the current bill submitted to the Japanese Diet that would radically threaten anime and manga if passed in its current form. I have … Continue reading

Posted in censorship, child pornography issues, harmful material, news, news coverage, public morality and media | 29 Comments

不謹慎という名の王様、空気という名の女王、出る釘は打たれる荒野

権力者は驚くほど自らの主張を変えて自らの正当性を主張する。多少齢を重ねたことのある人間であればバブル前の昭和の政治家の多くが「今日日の若者はカタカナを使いすぎてけしからん。身なりも髪型もチャラチャラしている。洋画やロックなどの所為だ!もっと日本文化を大事にしろ」と声高に主張していたのを思い出せるだろう。ところが平成も四半世紀分が経過した現在、今度は政治家の多くは奇妙なカタカナを使いまくり「今日日の若者は世界志向が足りなり。グローバルスタンダードに合わせて日本文化も改変しろ」とか言い出している。結局のところ、他人を指図する大義名分であれば何でも活用するのだ。 現在議論の対象となっている自民党が起案した児童ポルノ法の改訂案においてはマンガ・アニメ・ゲームなどに登場する想像上の未成年者が関わる性表現と実在児童の人権侵害との関連性を模索する規定を設けている。実在・非実在を問わず未成年者の性表現を規制する意図が明解だ。 この児童ポルノ法の改訂を廻って日本の性表現が自由すぎる故に自らこのような法律による干渉を招いたという主張がある。日本のマンガ・アニメ・ゲームが法規制を招いた理由はたった一つだと私は思う。それは政策決定の場において自らの正当性を訴え、権利を守る努力を怠ったからだ。 あまり表沙汰にならないがマンガ・アニメ業界には様々なタブーが沢山ある。欧米社会では考えられないような自主規制のリストの一部は私も把握している。その中の幾つかは明らかに「臭い物に蓋」という姑息な精神が見て取れる。作品を楽しむ受け手側はあまり意識せずにいられるが、注意深く欧米の作品と日本の作品を比べると色々な決まり事の違いをはっきりと認識できるだろう。そう、同じ日本で存在する作品でも欧米発だと許されて日本発では許されない決まり事なのだ。不公平なことこの上ない。 これから創作で身を立てたいマンガ家の卵たちが時々「自粛対象リストを知りたい」と私に尋ねることがある。しかし私はそんなリストを意識せずに創作する事を薦める。理由は簡単だ。発想において「タブー」「不謹慎」「やりすぎ」「非常識」「配慮が掛けている」などを意識し出したら何も独創的なことを思い描く事が出来なくなってしまう。脳内でワクワクすることはとても大事なのだ。多少危ない事柄を思い描くことは決して悪い事ではない。 若手に対して私はかならず次のように答える。「とりあえず世間を気にせず決まり事を無視して自分が納得できる作品を思い描いてみて。ネームなりコンセプトなりが固まってからそれをどう世間の決まり事に刷り合わせるかを考えるので充分。最初から自分の思考に枠を当て嵌めてはダメ」と。想像の領域は完全な聖域でなくてはいけないのだ。独創的な物語への出発点だからだけではない。 古代ギリシャ時代に文明社会を構築する上で様々な必要不可欠の礎が編み出された。中でも重要だったのが「思考実験」と「議論」だ。時の権力者や時世に応じて振り回されることはあったが、3000年前に関わらず当時かなりの自由が許容されていた。「思考実験」と「議論」を可能とするのは「表現の自由」。「表現の自由」なくては法治国家も、民主政治も、科学技術も発展しないということ我々は意識し無さ過ぎている。 今、規制が望まれているのは日本が自由すぎるからだという声がある。私は海外と照らし合わせて断じて「否」と言わせて頂く。性表現創作物に置いては日本は抜き出た自由と豊かさがあるかもしれないが、メディア文芸全体を見据えると様々な制約や決まり事があって色々な自由な創作の妨げとなっている。 マンガ・アニメ・ゲームが無責任に咲き乱れているのではない。植木鉢の形が変わり、これまで手入れに関わっていない人間が関わるようになったからだ。だがしかし時代に逆行して昔のように人目のつかない存在へと戻ることはできないし、それは文化の衰退を意味すると私は考える。 作り手と読み手は第三者への他人への配慮を意識しつつ、自らの共有空間については最大限の自由を確保し、これを更に豊かにする努力を怠ってはいけないと私は強く感じる。それは次世代にとって今以上に自由で健全な世界を託すために必要なことだからだ。 決まり事が多い方が不安が減るという考え方には真っ向から反対させて頂く。

Posted in censorship, child pornography issues, Japanese, public morality and media | Leave a comment