The Slow Japanese Response to COVID-19

Through out the first three months of 2020, there was fear that the 2020 Tokyo Olympics might have problems. Scandals after scandals followed after Tokyo was named to be the host city. The stadium costing too much, the stadium looking too mundane, the lack of volunteers and how both business as well as school seemed to be co-opted into helping it. The list goes on and on. While there were many who looked forward to the games, others were bitter about the cost the event was inflicting upon Japan, both financially and socially. The cost overruns are something many expected, but the Olympics were pushing aside regular everyday life in Japan on an unprecedented level and people were not happy about how holidays were being re-worked, convention centers being closed-off, and how authorities were warning that the congestion might be so bad that parcel delivery services might not function very well while the games are taking place–Their suggestion was people might want to avoid using mail order while the Olympic games were going on.

But the biggest question that dogged the 2020 Olympics was not the games itself, but how the organizers of the games seemingly adamantly denying the threat posed by a massive pandemic originating in China right next door to Japan.

As the world witnessed how the contagion made life in Wuhan, China extremely difficult with the forced lockdown and severe restriction on everyday life, there was concern the disease, now know as COVID-19, might spread like wildfire when the world assembled together at Tokyo in late July for the Olympic games. The Olympics put on a brave face, saying contagion prevention measures will be in full force, and there was nothing to worry about coming to Tokyo. Well that became a moot point. By early March, it was clear COVID-19 was having a detrimental impact on Europe and could severely hit the US as well.

And yet, in Japan, closing down schools and stamping out clusters of cases appeared to be having relatively good effect, at least up until the first half of March. Authorities asked citizens to reduce social interaction and events were strongly requested to postpone or to cancel. This was all being conducted without any legal justification–After all these were requests for self-restraint. In the meantime, the 2014 Act on Special Measures for Pandemic Influenza and New Infectious Diseases Preparedness and Response (a.k.a., New Influenza Special Countermeasures Law) was revamped so that the law could be invoked for the current epidemic of COVID-19 just in case if things got out of hand. This took place on March 13th.

In a nutshell, the New Influenza Special Countermeasures Law allows the national government to declare a state of emergency and empower local governments to pressure, but not ban, certain everyday activities. Prefectural governors would dissuade businesses where the risk of contagion was real to suspend operations and such. If the businesses did not comply, then the governors would be allowed to publicly shame the businesses by publishing their names to the public. Buildings where contagion took place could be shutdown and traffic into said buildings could be restricted. Resources needed for the treatment of diseases could be commandeered and land could be unilaterally seized to place medical facilities or emergency shelters.

These are relatively tame powers when compared to the disease prevention measures that are available to many other Western nations.

And yet, the Japanese government hoped that the New Influenza Special Countermeasures Law would not have to be invoked. Tremendous uncertainty over how to navigate an unprecedented situation, the fears of an economic slowdown accelerating, and the hope that the situation could resolve itself were most likely caused great hesitation. I have talked about some of the background here.

By late March, it was very clear COVID-19 could not possibly be contained by the coming summer. On March 25th, the day after the 2020 Tokyo Olympics was postponed, Japanese citizen were advised against going anywhere overseas. On March 28th, the broad guidelines for how the New Influenza Special Countermeasures Law and the state of emergency was finally released.

And yet, it took until April 7th for the actual declaration of the state of emergency to take place.

So what has happened since then? Governors of affected regions immediately called upon certain classes of businesses to shutdown, highly recommended people to work from home, and for the most part, the public followed suit. It was a haphazard affair, but as the gravity of the situation become more and more clear, social pressure and fear compelled large segments of the public to adhere to quarantine measures that were only possible via martial law in some countries.

Cases spiked in mid April, but they have come done and stabilized by the end of April. We won’t know for sure if Japan’s approach was success, but by in large, the contagion is vastly more limited in Japan and life is better organized than in some Western countries.

We do not know if this situation will continue.

It’s easy to say Japan should have pushed through centralized testing, conducted mass medical screenings, mobilized the military to help provide logistics help, as well as aggressive state intervention into everyday people’s lives be carried out in order to stem the contagion, but something many commentators seem to be blissfully ignorant of what happened in Japan prior to 1945.

Even up until the 2000s, Japan was still dealing with the after-effects of leper colonies, forced sterilization of those with hereditary disabilities, and other public health policies that went disastrously wrong. The practice of these policies were continued well into the postwar economic boom of the 1960s.

In Japan, there is a strong hesitation over governmental overreach. There is fear that authoritarian tools, even legislated and monitored by a democratic legislative process, may not be good enough to stop the abuse of power by the majority against those in the minority.

This is not to say overreach into people’s lives do not take place. There are numerous quasi-public and voluntary organizations, industry self-regulatory groups, and other types of local community elements  that exercise influence over individuals, either through subtle pressuring, cultural influencing, and/or regulatory powers. Some might argue that governmental control is conducted via proxy by these organizations, but it is important to note that many of these organizations and regulatory schemes date back many years and sudden changes through legislative or executive mandates are very hard to implement through these means, as they are rooted in long running social acceptance and maintained semi-autonomously.

Japan is still a community orientated society, where consensus is highly sought, and social peer pressure can be relentless. Hierarchy and difference to authority figures is practically hard-coded into the language. While independent thought, diverse degrees of individualism and the indomitable rebel spirit are all very much part of Japan, the cultural, sociological, and linguistic norms and standards do have an considerable effect, both consciously and subconsciously.

These power moors of social structure make their presence known in a wide variety of situations.

Some businesses have been targeted for harassment as people will incessantly call them to ask why they are still open. Neighborhood interactions can grow awkward very quickly if a family is considered to be flaunting the social pressure to self-restrain. Teachers may even dissuade parents from giving their children Kindle tablets because it gives some children an unfair advantage (in their view.)

Even agents of the government can do subtle things to compel those who engage in legal activities to feel pressured. The police have been patrolling streets in pleasure districts, asking people why aren’t they home. Civil servants have frequented businesses that remain open to request them to shut down.

Scholars have pointed out that Japanese morality and values are less about personal conviction as opposed to adhering to cultural norms and social expectations. This is not to say that individualism is rare in Japan, but rather, individualism is not as strong as it is in the United States. It must be pointed out that, by in large, these norms and expectations in Japan have become more liberal and diverse over the course of the 75 years that have elapsed since the end of WW2, but nevertheless these norms and expectations can still be relentless.

While liberalism and human rights have become major cornerstones of Japanese civics, the average Japanese citizen rarely has an opportunity to understand how Japan embraced militarism and authoritarianism before and during WW2. Furthermore, while regret and apology over what happened in WW2 is common place, discussions over how to improve state institutions are encumbered with the debate over Japan’s history and its assessment.

There is no doubt that improvements and reevaluation over Japan state structure is needed, but any suggestion of changing the status quo creates a such a tug of war between traditionalists and progressives that, in the end, only incremental reforms are pushed through while powerful conformist forces in the wider sociological and cultural landscape have been left to fester and evolve unchecked.

There were many things that Japan could have done much better, as I have been advocating for a “if you can’t use a stick, then use sweets (use financial incentives to clamp down on businesses if you can’t penalize them)” for many many weeks now.

Granted, things may change a lot in the future. I still argue that historical, sociological, cultural, and political issues must be kept in mind if you want to realistically debate about what Japan can or cannot do in 2020.

Posted in bureaucracy, everyday life, public morality and media | Leave a comment

経済学者に缶切りを

「缶切りがあると仮定しよう」は経済学が他の学問と違う事を示唆する有名な一文です。「無人島に漂着した物理学者と化学者はそれぞれどうやって缶詰を開けるか色々と議論している一方、居合せた経済学者は『缶切りがあると仮定しよう』と言い出した」

この小話を読んで今の日本のコロナ対策を連想する人も多いでしょう。

この小話は非常に有名でいかに経済学が机上の空論であるかを示唆する、いわばその学問全体を揶揄する表現と思われがちです。しかし元々ジョークは英国経済学界から出てきたもので、経済学の論理や研究方針を上手く言い表すものであり、同時に経済学の有効性をはっきりと表していると思います。

要は命題の考え方が大事という事です。無人島で物理学者と化学者は缶詰をどう開けるかを考える一方、実際に缶詰を食べれるようになった時に発生する倫理的課題をまったく触れていません。弱肉強食の論理からすると缶詰を開けた人間勝ちとなりかねません。しかしそれでは合理的社会を維持できません。

経済学とは限られた資産をどのようにもっとも有効的に使うかを考える学問です。我々の欲望は無限ですが、それを叶える資源(時間・資金・人・資材)は有限です。どのようにもっとも有効活用かを考えるのが経済学の大きな命題です。

「缶切りがあると仮定しよう」はブラックジョークであると当時に経済学の視点は常にもっと多極的であり大局を見据えていることを示唆しているともいえます。

これは今の日本のコロナ対策にも通じます。

日本経済の回復をするにはどうすればいいのか?という議論で考える時、色々な短期・中期・長期のスパン(検証対象期間)で考えるのは大事ですが、現在経済政策では中期的である「財政赤字と経済成長」を関連付けて考える傾向が非常に強いです。中期も大事ですが、短期が無くては中期もありません。

現代経済学の先進的な存在あり、世界経済の発展に大きく貢献したケインズがはっきりと言っています。
「失業などの経済不均衡は市場メカニズムによってやがては自律的に是正されるかもしれない。長期長期っていっても長期にはわれわれみんな死んでしまうんだぞ」(超意訳)

(このあたり、御興味あったらこちらなどご覧下さい。
「経済モデルは、その実証性を検証するのに長い月日を要する。ケインズの言葉『長期的には我々はみな死んでいる』は、長期を無視するのではなくて、より優れた経済分析をすべしとの懇願でもある」)

政府の財政出動(政府が直接資金援助する助成金など)は経済回復がスタートする段階から始める部分を重要視する理由の一つは「(経済回復は始まると同時に)税収が増えるのをどう応援するか」という思考に傾倒し過ぎている現われといえるのではないでしょうか。

大よそ財政出動である108兆円の緊急経済対策を繰り出すならばその一部を回復後に振り分けず、100%今の日本に資金を提供した方が良いと思います。井上さんの指摘が大変正しいと思います。

「缶切りがあると仮定しよう」は経済学者の観点は命題によって変化するのを表します。「日本経済をどうやって回復させようか」ではなく「どうやったら維持できるのか」を我々の代表である政治家に強く要望しないと経済政策の命題は変わりません。

これは経済学者ではなくとも皆さんの間で広くご共有・ご理解いただけることだと思います。

Posted in Japanese, news | Leave a comment

On the Edge of the Unknown–Japan and COVID-19

This is my personal analysis of the situation in Japan as of April 2nd, 2020.

We all heard the meme–“Japanese Prime Minster says Japan is on brink of contagion, but continues to claim it is not yet the time to invoke emergency declaration–even after weeks passes.”

The following is what I think is going on. This is only my personal opinion. Nothing more.

I am not interested in engaging in a blame game. I am simply trying to do my best analysis of the social and historical dynamics that might be in play right now in Japan, and thus better understand the situation. This is a thought experiment.

The Prime Minister and others around him seems to be deadlocked about what to do–The contagion is spreading, but the situation is fluid and there is no clear consensus regarding how society should react. This pandemic is creating major challenges for all national governments regarding how to balance the need to maintain civil rights, to uphold economic security, as well as maintain the best levels of public health. But in the case of Japan, the legal framework for restricting people is uncharted territory for Japan since the end of WW2. Japan has never conducted massive curfews, etc. for about 75 years. This is not about restricting particular industries or addressing a specific region, it’s about the entire nation, its economy and its people.

While many governments instituted rationing and/or restrictions on the freedoms of its people once World War 2 erupted, Japan actually went into war footing very early. In 1938, as Japan become deeply invested in war on the Chinese mainland, war mobilization was instituted in 1938. Many of the frameworks of post-War Japanese society were actually constructed as result of this mobilization and its effects left a lasting impact.

I believe those in leadership in Japan right now are afraid of being blamed of restricting citizen’s rights and causing economic harm. They are very very afraid of going too far, for overstepping boundaries that have been constructed since WW2. These boundaries helped Japan maintain social harmony and prosper by leaps and bounds. Since there are no precedence for governance in a situation like this in living memory, they are afraid and confused. While the circumstances are different, the last time Japan’s government wield such great power was 1945.

If the contagion is left unchecked, large scale economic harm will occur, but in some respects, leadership and society can deflect the blame on ‘bad actors’ rather than themselves more easily. The argument of “This contagion is the result of the irresponsible people who spread it about!” will seep into the collective consciousness and therefore help make it possible to avoid the tricky question of why the leaders were paralyzed at the helm when the nation needed them to act decisively. It will absolve the public at large “because most people practiced self-restrain.”

I think once the contagion becomes so extensive that people start dying in large numbers, then Japan will belatedly start instituting some restrictions, but by then it will be too late for many people and the blame will be attributed to everybody and nobody.

To some degree, this is what happened to Japan immediately after WW2. Saying Japan was collectively responsible is apt, but it can also contributing into absolving the misdeeds of specific actors for the actions they took that brought about the disastrous decisions–decisions that many questioned its validity even back then.

Note that while the democratic systems is fairly well entrenched in Japan, the “group-think” mentality and subservience to society/authority is very powerful still nonetheless. Even among those that position themselves as opposition leaders and/or minority groups, many have their own small hierarchies.

This collection of multiple and overlapping hierarchies and consensus orientated communities may sound oppressive, but it can be much less authoritarian than you might think, especially for those who were born and raised to accept it as being the norm. By allowing the status-quo to function largely unimpeded, regular people are not drawn into protracted democratic processes nor have to worry about renegotiating everything. The strikes that sporadically crippled Japan have largely disappeared since the 1990s. Large scale student protest movements have died down since the 1970s and the Japanese Red Army and their sabotage attempts have been non-existent for decades.

In Japan, precedence and authority is king, and once you grow old enough, most can hope to enjoy its benefits in one way or another. By adhering to the group and by meeting minimum obligations, you can do your own thing with little worry.

Japan needs strong leadership and decisive decision-making right now, but it also needs the strong institutional countermeasures that can restrict abuses of power. So far, both the leaders and those who check their power are happy with relatively reserved use of power since it is less straining and does not rock the boat. This allows for extremely bad decisions, indecisiveness, and/or lack of action who’s consequences slowly fester and explode, but in the mean time, harmony (or the facade of it) makes living more tolerable.

Posted in bureaucracy, news | Leave a comment

誰のための表現の自由か

[この文章は2018年11月にツィッターで連続投稿したを内容を補足・編集・改訂したものです]

表現への許容の度合いは様々であり、表現者を取り巻く基準に「世界標準」というものはありません。また、同じ国の中の中でも地域やジャンルによっては様々な基準があります。市民の自治による監督権限が分散している国では自治体によって基準が違いますし、映画やTV、ゲームなどを巡って異なる基準を制定している国家は珍しくありません。また法令で規定されている範囲は飽くまでも法令の設けた基準であり、できるだけ明確に・できるだけ公平に・できるだけ表現の自由と個人の尊厳が守られるように設計するのが一つの理想でしょう。

表現の自由を守る理由は色々あります。政府の腐敗や暴走を止めるため、文化・芸術・科学の発展を阻害しないため、報復を恐れない議論を可能にし、表現の平等性を保全しつつ発言者の人権を損なわないため。私個人の意見ですが、守られるべき自由は人から疎まれるような「人気のない」「嫌われた」「小さい声」を重要視するのであって、法の保護なくとも持ち上げられるような人気のある、格式高いを優先する必要はないと思います。表現の自由は万人にとって常に居心地のよい景観作りをするためではないのです。

個人が安心に感じられる環境作りは重要ですが、特定個人の主観的安心感を基準にして他人の権利を制限することは危険極まりないと思います。思い出して欲しいのですが、これまでに「社会的、道徳的、公序良俗の違反である」を理由に色々な個人の尊厳が蔑ろにされてきました。このような権威の乱用は世界各国で行われており、今なおも幾度となく進行している例はあまりにも数が多いです。

私は社会や個人を尊重する公共性の構築と表現の自由の共存は可能だと考えています。歴史的な町並みに建てられる物件は外装保守的でも、内装はいくらでもはっちゃけても良いのではないでしょうか。これを情報共有の場において可能にしてくれるのがゾーニングであり、メディア・リテラシーだと思います。

気に入らない内容に直面したとき、私たちは表紙を閉じる・チャンネルを変える・視線を逸らすことができることを忘れてはいけません。目に入るもの全てを気にするのはやや息苦しいと思います。「気にしない」というスキルは情報過多社会に生きる上では必要不可欠ではないでしょうか。

よく「子供がみたらどうなんだ」や「フィクションでも心が傷つく人がいる」という主張を論拠にした発言があります。一見、これは弱者や被害者への配慮を重要視すべき、という誠実で慈しみに溢れる素晴らしい意見に聞こえますが、冷静に分析すると論理的に破綻している側面があり、そのまま看過してしまえばパンドラの箱をあけるのに相当するのではないかと不安に感じます。

残念ながら私たちが生きる現実社会は見守られていない子供にとって危険な側面があります。人が人としての自由意志に導かれて行動する際、誤って怪我をしたり亡くなることがあります。これらの危険要素を徹底して取り払うには個人の自由を大きく制限し、市民を広く細かく管理するのを良しとする社会とそれを可能にする技術が必要でしょう。

私たちの命の源である太陽も数秒間直視するだけで私たちの視力を奪います。なくてはならない水もタライに張ることで溺死を誘発できるのです。自然に生える樹木も登れば高さによっては落下による怪我か死に至る危険極まりない構造物といえます。

しかしだれも太陽を無くせ、水を制限しろ、樹木を全て伐採せよとは言いません。言うべきでもないでしょう。

危険な世界の中をうまく立ち回る知恵と知識、分別と成熟性を備わるまで私たちは子供を適切に見守り、成熟した人間に育てるのが最善だと思います。

成熟した人々同士のやり取りを前提とした社会生活を、分別つかぬ子供の時折無軌道な行動力を意識して組み変えるべきはないと思います。三輪車に乗る子供と大型トラックが同じ道を走るような交通法規の構築やインフラの整備は無茶なのです。

「フィクションでも心が傷つく人がいる」ついては大変申し訳ないのですが、配慮には限界あります。私はアレルギー持ちですが、「私のアレルギーを論拠に他人の行動や食事を常に制限すべき」でしょうか?私は特定の食べ物の食べると命の危険がありますが、だからと言ってそれを他人に押し付けません。自ら摂取するモノについて自分で気をつけるしかありません。

私にとってアレルゲンであるものも、他人にとってはおいしい食材であり、豊かな食生活の一部なのです。

人によって何が害をなすのか予測し難い部分もあります。それらが市場を媒介して流通するのに不満を感じることがあるかもしれませんが、市場とは万人それぞれの需要・嗜好を満足させるために存在するものであり特定個人のための流通ではないと思います。スーパーにアレルゲンがあってもスーパーを潰せとは誰も言いません。

創作物が口に合わないのであればそれは避けるのがよいでしょう。しかしその創作物が存在すること事態が許せないから無くせというのは危険な論理です。あなたが大事にしているモノを違う人が全否定するのを良しとしてしまいます。色々な作品や並列して存在できることは素晴らしいと私は感じます。成人向けゾーニングや多種多様なジャンルが介在する日本こそ人々の多様性に準じた多種多様な趣味趣向を満足させられる豊かな市場といえるのではないでしょうか。

また創作物は概念上の存在であり、読解力がないとその情報の伝達は設立しません。どのような人畜無害な創作物に対しても嫌悪感を起こすことは可能です。手の影を見て蜘蛛が見える人もいることを想定してモノづくりをするべきでしょうか?

対面で物語を紡ぐならいざ知らず、全能の神でもなければ手に取るかもしれない読み手全員を意識して物語作りをする出来ないと思います。何が誰の琴線に触れるのか、何が誰かの逆鱗に触るのか、すべからく予知することは無理です。なので結局は「摂取するモノを気をつけるしかない」としか言いようありません。

もしろん、作品に対して不満を露にすることは制限すべきではありません。しかし自らが不快感を感じたのだから他人もその不快感を共有するのは当然であるというのは行過ぎた配慮の強要に繋がりかねません。それは特定の作品を持ち上げる人にも当て嵌まることです。あなたが良いと感じているのを他人に押し付けるのは行き過ぎですね。

私たち一人一人の基準と私たちを取り巻く基準は世界共通でもなく、歴史的にも普遍ではありません。人は変わります、社会は変わります。表現規制の大義名分は崇高であることもあれば、恐ろしく下らないこともあります。規制や基準が裸の王様であるとあなたが指摘すると叩く人が出てくるかもしれません。そこまでは予測可能の範疇でしょう。

ですが規制や基準に対して異議を唱えれば、その主張を応援する人も確実にいます。表現者の場合、それは読者と視聴者でしょう。しかし中には規制を求める相手が憎いという動機が先走って、過激な発言や行動を繰り出す人も出てくることがあります。相手が過激だから自分も!は不毛ではないでしょうか。

あなたはたくさんの方々に支えられて生きているのです。でもあなたの理念や思考自体はあなただけのものです。他人への配慮や意識することは社会の中で生きる上で大事ですが、自己の確立を放棄しないで下さい。規制を巡る論拠は絶対的正義とか世界共通の倫理とかが持ち出されやすいですが、あなたが考え、感じるのと同じように他人も思考し、色々な受け留めをしているのです。

表現規制や表現の基準は自己決定権や個人の権利、尊厳に直結しますが、それがあなたの全てではありません。だれでも安心して安全な自由な表現を追求できる市場は絶え間ない助け合いと連携の上で成立っています。それを意識し、出来る範囲でその環境整備に貢献しましょう。でもその間に自分を見失ったら意味がありませんから気をつけてくださいね。

Posted in censorship, harmful material, Japanese, public morality and media | Leave a comment

萌え絵の違法性

日本においてアニメ的な配色と大きな瞳や可愛らしいとされる記号の組み合わせで構成された、いわゆる「萌え絵」が社会的に広まったのは21世紀に入ってからでしょうか。それ以前からもマンガやアニメは広く市民権を得ていましたが、アニメ・マンガ文化のサブカルチャーともいえるかもしれない美少女・BL系分派がサザエさんやドラえもんなどの作品群と肩を並べる世界に近づいたといえるのかもしれません。

さて日本国内から「日本の萌え絵は性的な要素が強く、直接エロ描写がなくても海外では児童ポルノとして捉えれるからよろしくない」や「萌え絵があまりにも広く社会的に浸透している。海外から嫌悪感どころか場合によっては違法なコンテンツなのだから身の丈をわきまえてもっと大人しくあるべきだ」という主張が2018年にちょくちょく見かけられるようになった気がします。

キズナアイをはじめとするVtuber(バーチャルYouTuber)が社会現象として話題になりはじめてからこの話題は加速しているように思えて仕方ありません。

しかしながら日本のアニメ・マンガにおいて大きな地位を占める「萌え系」が海外では社会的に不謹慎とされる主張や表現の自由の保護に入らないという主張には同意できません。制限速度を超える速度をだせる車の話を持ち出して「車は違法」というような主張に思えます。そもそも海外での規制基準は非常に多種多様なので一括りで論じることは事実誤認や歪曲へとつながりやすいと思います。

まず欧米の基準を持ち出す時には「欧米」の概念を考える必要があります。

アメリカは表現の自由を最大限保証する国として有名で、アメリカでは許容されてもカナダやドイツでは違法とされるような表現物が多々あります。

欧米諸国はは民主主義・市民生活の保全・個人の権利の保護という理念で共通点が多いと言えるでしょう。しかし、具体的にどのようにその理念を守るかについてはさまざまな取り組みを模索し続けています。国によっては驚くほど寛容ですぐ隣の国では極めてきびしかったりします。

つまり「欧米の基準」「先進国の基準」を持ち出すことは曖昧極まりないと思います。

このような欧米各国の異なる取り組み方を意識するのに加え、長い歴史的観点と多様な視点を垣間見れる鳥瞰図が大事である私は考えています。さらにはどの国にも複数の異なる基準が並列し、共存していることを忘れていけません。

さて、ここでアメリカの基準に焦点に当てたいと思います。世界で非常に影響力のある米国の表現規制や視点ですが、次の四つに大別できると思います:

(1)連邦法や州法の条文基準と判例
(2)FBやTwitter等ユーザーコンテンツ共有プラットフォーム利用利用規定の基準
(3)特定のコミュニティで受け入れられた基準
(4)個人・団体が提唱する基準

―これら全部別々です

■(1)連邦法や州法の条文基準と判例

まず(1)ですが、米国は日本と猥褻の取り扱いが大きく異なります。日本では赤裸々な性描写において陰茎と女性器に対して程度の修正を加えれば、題材やその描写の傾向など、作品の内容についてはほぼ一斉に不問とされ、当局から追求されません。これは日本国刑法175条にそのように定義されてからではなくて、猥褻図画に該当嫌疑としての当局の運用基準です。不平不満が多い基準とは思いますが、ある程度までわかりやすいのは否めません。

ときどき書き換えられるのが本当に困りますが。

しかしながら、当局が問題視して警告・逮捕・立件したとしても裁判所で結審されなければ猥褻とは認定されません。日本は米国に比べると警察と検察当局による立件基準はかなり保守的で、法廷で当局の立件が無罪と結審となるケースは少ないです。(ただ、ここ近年増えている印象はあります。)

一方、米国では猥褻は陪審員の結審によって認定されます。日本のように判事ではなく地方に根ざした陪審員が自らの価値観に導かれて違法性を考えます。市民の基準が地方地方によって大きくことなるのが特徴的です。このため、AVの撮影がロスに集中しているなどの現象が発生します。

確かに米国は想像上の未成年の性描写の違法化を1990年代から模索しています。

しかし2002年に米国最高裁はヴァーチャル児童ポルノを違法化を試みた1996年のChild Pornography Prevention Act(児童ポルノ防止法)に対して違憲と言う判断を下しました。しかも9人いる判事が6対3という割合で違憲と認定した事は当時随分話題になりました。この時に最高裁は色々な観点から実在する未成年者を含まない児童ポルノを全面禁止するのは過剰であると指摘しています。

・同法律は表現の自由が保障されている猥褻ではない表現も違法化している。
・児童虐待を伴う実在児童ポルノは児童の保護と福祉を踏まえ、表現の自由が守るべき範囲には含まれない。だが、児童虐待を伴わない偶像児童ポルノに同じような「表現の自由を上回る公共の福祉性を優先する必要」は当てはまらない。
・偶像児童ポルノと実在児童を巻き込む性的虐待犯罪行為の間に明確で直接的因果関係が認められない。
・実在児童ポルノが違法である最大の理由はその内容ではなく、その製造過程にある。
・犯罪に使われるかもしれないという可能性だけで、それ自体が無害であるモノ・合法的に制作されたモノを違法化するのは過剰である。
・違法行為を促がしかねないという理由だけで表現を規制することは過剰である。市民の私的思考を望ましい方向に向けるために法規制するのは不当である。
・偶像児童ポルノが実在児童ポルノの制作を促がすという論拠は脆弱であり、実際には取扱に非常に厳しい処罰規定が伴う実在児童ポルノを偶像児童ポルノが市場から駆逐する可能性がある。

この2002年の最高裁の判決に不満を持つ人は数多く居ました。半年もしないうちに新たな法律が連邦議会で可決されて、2003年にブッシュ大統領の署名をもってProsecutorial Remedies and Other Tools to end the Exploitation of Children Today Act(「今日をもって児童の搾取を終焉させる為の検察的解決策とその他法」)と言う法律が設立されます。

この法律は法の名前の頭文字をとって2003年のPROTECT法として知られています。この法律では最高裁の先の違憲を判決を踏まえていくつか定義を調整しています。まず擬似チャイルドポルノの定義を狭め、本物の未成年ポルノ画像と「見分けがつかない」(“indistinguishable”)コンピューター画像を禁止としています。これによって明らかに実在の児童の写真にしか見えない画像であっても、児童の身元が判明しないなどの理由から児童を特定できない場合でもその所持者や配給者を追及できるようにしました。

2003年のPROTECT法のもう一つの大きな変更点は実は米国刑法の猥褻条項に関連しています。猥褻を取り扱う刑法の条項は18章1461、1462、1464、1465、1466項などに集中していますが、PROTECTでは1466Aという条項を追加しています。この条項に於いて「連邦政府の管轄が及ぶ範囲に於いて、実在する・しないに限らず猥褻な描写を含む児童が題材となっている作品」を一律違法化しています。

つまり「猥褻ならば表現の自由が当てはまらないので、偶像児童ポルノも違法化できる」ということです。

この条項は非常に興味深い側面があり、猥褻法の条項でありながら、その処罰規定は児童ポルノ法に準ずるとなっています。つまり猥褻表現で性犯罪者と同一の扱いを受けるということです。児童を毒牙に掛けるような行為の産物に関わる人間を激しく罰するのは当たり前ですが、PROTECTのお陰で実在の児童と一切関わらない人間にも等しく厳しい量刑を適用される規定が用意されたわけです。更に猥褻は配給・展示・販売は違法ですが、所持は合法です。私的範囲に於いて製造も合法です。ところが1466Aの規定する猥褻偶像児童ポルノの条項においては所持も違法としています。

それでは米国での「猥褻」とはなんでしょう?

1973年の最高裁のミラー判例が現在の米国の猥褻の基準となっています。現在アメリカで特定の表現が猥褻と認定されるのは次の三つの条件が判断基準の焦点となります。

A)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現の全体が「好色な興味に訴える」表現と認められる。
B)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現に於いて非常に不快な形で性行為などを描写している。
C)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現がその全体に於いて文学的・芸術的・政治的・科学的価値が一切欠如している。

この三つの条項を満たしていると法廷の場において認められたモノのみが米国では猥褻と認定され、表現の自由が及ばないものとされています。

「在住する地域の基準を踏まえ」という条項は非常に重要です。地域の独自性と文化の違いを認定している条項であり、上下をつけていません。この為に米国では複数の猥褻の基準があるといっても過言ではありません–非常にリベラルなロスやサンフランシスコ、ニューヨーク・シカゴ・シアトルに置ける基準とユタ州の片田舎やオクラホマ州の辺境の基準は非常に異なります。全米のアダルトビデオの多くはロスアンゼルスで制作され、成人向け出版物がニューヨークなどの都市に集中しているのは理由があるのです。ロスで作ったものをユタ州や違うところで作った場合、その地域の猥褻基準に引っ掛かる可能性があります。事実、テキサスでは同性愛を違法化する「ソドミー法」がごく最近(2003年)まで法文としては有効となっていました。(実際には最近は滅多に運用される事がなく、有名無実となっていましたが、2003年の最高裁判決をもってようやく違憲と認定されて、無効になりました。)それまでに米国の猥褻基準はばらつきがあります。

「児童ポルノ問題」に限らず、米国と日本の間では文化的背景や法律運用事情が大きく異なる側面があります。それを鑑みず米国の法律基準を安易に取り沙汰することは危険極まりないと思います。

■(2)FBやTwitter等ユーザーコンテンツ共有プラットフォーム利用利用規定の基準

「合衆国」であるアメリカは法律や判例でもバラツキがアメリカですが、(2)のネットコンテンツプラットフォームは法律の他にも収益が依存してるユーザーや広告主の視点を強く意識します。万人向けのプラットフォームを目指す会社は場合によっては合法である同性愛者がキスしているすら規制します。

八方美人的な会社は極端に物議を避ける一方、その物議を呼び水にして忠誠心の強いユーザー層を確立するサービスもあります。一般的な企業からの広告収入は犠牲にしても、それを確実な運営資金の礎となるような購読料を支払うユーザー層に依存するわけです。

日本で見聞きしている分にはフェイスブックやアップル、グーグル、アマゾンなどの巨大な企業の存在感があたかも全米のコンテンツ倫理基準を全て取り決めているように思えるかもしれません。これは明らかに誤りです。

米国ではそれこそ無数のネットサービスが色々な主義主張の元で運営されています。これらの抽象のネットプラットフォーム企業のユーザー数は大手に比べるとそれほど大きくないかもしれませんが、企業のコンテンツ規制基準の多様性を大きく押し広げています。

■(3)特定のコミュニティで受け入れられた基準

さて(3)ですが、地方コミュニティの倫理基準がネットと同じくらい自由で多様であるか尋ねられれば「場所と状況によりけり」としか言いようありません。まずいえることは市民参加による自治意識は日本よりも旺盛です。この為、住民の保守的宗教観が町並みの生活様式を強く影響することもあります。

しかし中絶や同性愛者の受け入れなどを巡る議論で垣間見れますが、アメリカにおいて住民の価値基準にかなりバラツキがあります。公共の領域において何処まで性的に赤裸々な表現を容認するか、異国のコンテンツが受け入れられているかは地域によって大きく異なります。

ディズニーランドで水着だけの格好で歩き回っていれば注意されることがあっても、海辺やプールであれば文句言う人が減るでしょう。同じように米国の地域によって「公共倫理基準」は日本以上にバラバラです。保守的なコミュニティ共通基準もあれば合法の範囲、ギリギリまで迫る許容されることがあります。

■(4)個人・団体が提唱する基準

最後に(4)の個人・団体が提唱する定義ですが、(2)の同じように千差万別であることは言うまでもないでしょう。(3)の地方で効力を発揮する特定コミュニティ基準とは通常、議決などで制定されます。これに対して個人・団体が提唱する定義や主張は、それそのものに強制権がありません。

もちろん個人・団体の訴えによって規定や法律は変わることがありますが、それは制定のプロセスを経た確立します。主義・主張を唱えることは市民意識を揺り動かし、大きな潮流を生むことがあれば、逆に反発を招き失速することもあります。感情に導かれた基準がその曖昧さから自壊する例が多いです。

個人・団体が提唱する基準は尊重されるべきですが、受け入れるかどうかはまったく別の話です。主義・主張の平等性の原則は民主主義の礎であり、この原則は人が確固とした倫理観を構築するの必要不可欠であると思います。

■検証:萌え絵は違法か?

これらを踏まえて日本の萌え絵に対する萌え絵の基準を考えてみましょう。

日本の萌え絵柄はよほど赤裸々な性的表現でもないかぎり、法的は確実に米国の表現の自由の範囲内に留まります。未成年者が裸体を晒している・性行為に耽っている描写が猥褻の範囲に踏み込めば、絵柄に関係なしに係争の対象となりかねません。絵柄の問題ではないです。

企業や個人によっては「幼い女児の顔、虚ろな瞳、不自然に乳のはみ出した肉体に小さな服」を忌避・問題視するかもしれません。それもまた個人の選択の自由に範疇であり、咎められるべきではありません。しかしこの基準を他人に強制できるかとなると表現の自由や個人権利を守る上では否です。

企業や個人が運営するプラットフォームにおいて特定の表現を排除することは合憲です。独占に近い状態となっている場合はその効力や社会的な影響力について議論の余地は大いにありますが、原則としては他人が用意した媒体で発表できないのであれば、発表できる媒体へ移れば良い、ということになります。

■総論

わたしは年少であった1970年代から日米のアニメ・マンガ・ゲームの違いや猥褻の基準、「不謹慎とはなにか」という議論を見守ってきました。より深く勉強したのは大学時代からでしたが、肌身で色々な基準があることを感じてきました。今なお、日本でもアメリカでも、同じ国内や同じコミュニティの中でも尊ばれている基準は一つではなく、色々なふり幅や異論がたくさんあるのを実感しています。

わたしにもネットが発達したおかげで色々な概念の定義や定説が明確化し、より議論が捗るのではないかと思っていた時がありました。

学術の世界では色々な学派がありますが、論拠とする定義や基準については確認しあってから探求や議論します。インターネットのおかげでたくさんの情報へのアクセスが可能となり、色々な論理を検証しやすくなったはずです。

しかし逆に定義や基準が乱立し、これらが整理されないまま感情をむき出しにした議論が増えている印象があります。これまで今で可視化されなかった主義・主張が顕著化し、それぞれのクラスタ(集い)から飛び出して交通整理されず飛び交うようになったのです。情報や娯楽コンテンツの電子化によって今まで視野に入らなかった主張や表現へと簡単にアクセスできるようになり、昔に比べると信じられないほど全てがさらけ出される時代へと変わりつつあります。

情報共有が容易になり広く浸透した今、様々な情報・作品の発表がフラット化しました。しかしこれすなわち、全ての情報・作品が万人のために発表されている訳ではありません。現実社会と同じように多種多様なコミュティが想像の領域において展開し、ネットなどを媒介して共有されます。

中には気に入らないものもあるかもしれません。他人が嫌悪することを予見できる表現もあるでしょう。それらについて注意啓蒙することは大事ですが、違法性をちらつかせて言論封殺や検閲を呼びかけることは建設的ではないと思います。

ここでは大事なのでは自らに向けられていない情報・作品を許容する成熟性ではないでしょうか。文化の画一化するのを避けるためにも想像の領域内においては多種多様な表現が容認されるべきだと思っています。

既存の作品に不満あるのであれば、新たな表現を追及するのが良いと思います。そうすることで新天地が切り開けると信じています。文化の豊かさは引き算ではなく、足し算によって成り立つものなのではないでしょうか。私はそう信じています。

Posted in bureaucracy, censorship, child pornography issues, harmful material, Japanese, public morality and media, research | Leave a comment

第8装甲連隊C94夏コミ情報と新刊依託販売のお知らせ

どうもです。兼光でございます。夏コミは思った以上に暑くならなくてよかったですね。7月の酷暑で色々心配になっていましたが、比較的落ち着いた気温で何よりでした。

今更ですが、夏コミに無事当選して新刊の発行に漕ぎ着けました。新刊は二つで片方はかなり濃厚な資料本の『ネウロイ大戦のインド陸軍』で、もう片方の『油照』はミニポスター集のようなA4サイズのミニポスター集でした。

01&12_8PzRgt_C94_IndianArmy-semiflat_copy50

01&12_8PzRgt_C94_swelter-flat copy20

詳細についてはpixivをご参照頂けると何よりです。第8装甲連隊夏コミC94のラインアップのお知らせ

『ネウロイ大戦におけるインド陸軍』はとらのあな様から委託販売をお願いしていますから、もしご興味ありましたらどうか宜しくお願い致します!

 

 

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, Japanese, Land battle witches projects, The Lionheart Witch | Leave a comment

8th Panzer Regiment News – Aug, 2018

This past summer Comiket (C94) is the last Comiket during the Heisei period (the Emperor is abdicating in April 2019, so the Heisei will be changed to a new period name), and there was a lot of concern the July heatwave might leave many peope to suffer from heat stroke, but the thankfully, the temperature moderated somewhat. It was hot, but not at all like July. We were worried about a typhoon more than anything else, and even that was steered clear of Tokyo, so we were lucky.

The latest offering at Comic Market 94 were two books: India’s War against the Neuroi and Swelter.

01&12_8PzRgt_C94_IndianArmy-semiflat_copy50.jpg

I prepared a lot of notes regarding the Indian Army, especially regarding the cavalry units as I was researching my next installment of the Lionheart Witch and this book is the culmination of those efforts. I tried my best to present a coherent description regarding how India fought against the Neuroi, with a particular emphasis on the period prior to WW1 leading up to the early years of WW2.

03-dank_cavalrygenerations-flat_copy20

The tank witches of WW2 employed land battle striker units (LBSU) is large numbers, but striker units (the mechanical contraptions worn on the legs) were matured into its current form in the late 1930s. However, this does not mean witches were not engaged in combat against the Neuroi prior to this. Witches could be divided into “broom riders” (those with the ability to easily fly in the skies) and “cavalry witches”. The vast majority of witches were land based witches, and cavalry witches were the most organized component of witch military forces. (There where multiple other types of witch formations, but that is something to be covered at a different time.)

This book tries to cover the cavalry witches in detail, with emphasis on how the mounted cavalry witches coordinated activities with other arms of the Indian Army and how the cavalry witches eventually became mechanised witch cavalry and thus evolved into armoured witch regiments.

I also covered the support elements, the Royal Indian Army Service Corps (RIASC) and the Indian Army Ordnance Corps (IAOC), as well as briefly explain how they were incorporated into the Indian Army Corps of Electrical and Mechanical Engineers (IEME). I wrote an entire sections of female Indian Army followers that helped the witches as well.

Yes, the entire book is in Japanese, but including both English and Japanese would have made the book far too thick. As it stands it is 74 pages, making it already thicker than the Osprey Elite series.

The book includes guest art by Yaruku, Erica, and Hiroshi Konishi.

You can buy this book via Toranoana from Japan. The book is a B5 size square bound publication with 74 pages including the full color covers and inner black and white pages.

Another book I did was an full color mini poster book. Swelter is a doujinshi marketplace exclusive book, and I plan on selling this publication only at doujinshi events and conventions.

01&12_8PzRgt_C94_swelter-flat copy20

This booklet is printed The publication is center bound so it can be spread out or flipped back to the illustration you want can be displayed prominently. It’s in A4 size, 74 including the full color covers and inner black and white pages.

Artwork by Juzo Minazuki, Ein Lee, oh_you_udon, GodSh0t, Ame Aobashi, Erica, Tokinii, Marukata, deel, Yasushi Abe, and Juzo Ukatsu are included.

06&07_8PzRgt_C94_swelter-flat copy20C94_swelter_sample_collectionのコピー

I hope you might have a chance to pick up this publication!

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, Land battle witches projects, The Lionheart Witch | Leave a comment