アメリカでのマンガとアニメの存在感

新聞の影響力が減退しているのは紛れもない事実ですが、アメリカの大都市の新聞の影響力は一部ではまだまだ非常にに大きいです。ワシントン・ポスト、シカゴ・トリビューン、サンフランシスコ・クロニクル、ロサンゼルス・タイムズとアメリカにはいくつもの大都市新聞がありますが、その中でもっとも存在感が大きいのがニューヨーク・タイムズです。

今なお、平日に100万部以上売れ、日曜版はその1.5倍の160万部以上売れるニューヨーク・タイムズはニュースや論評に加えて、特集がとても豊かであることから評価が高いです。この特集を購買するのが目的で日曜版んしか買わない人が多いくらいです。さてこの継続的に掲載されている特集の一つがブックレビュー(書評)でして、その知名度と格式の高さから全米で抜き出る存在となっています。「ニューヨーク・タイムズのベストセラー・リストに載ったよ!」と言えれば作家としては一つの金字塔を達成できたと思う人が少なくありません。

さて日本ではあまり知られていませんが、実は2009年から英訳された日本のマンガのベストセラー・リストが掲載されています。アメリカは娯楽においてはかなり排外的で、外国産のメディアが注目されることがあってもそれは流行の流れ次第で一時的に終わることが珍しくありません。そんなアメリカで日本のマンガがニューヨークタイムズで継続的に注目され、その人気のバロメーターが掲載されていたことにはわたしはかなり驚いていました。

しかしコミック弁護基金のニュースサイトによれば今年で日本マンガと米国コミック単行本のベストセラー・リストの掲載は打ち切られるそうです。

コミック弁護基金はアメリカで販売されているコミック形式の作品であれば国産であろうと外国産であると追求や規制から守る姿勢を打ち出しているのは大変殊勝だと思います。コミック弁護基金は日本のマンガ、アメコミの素晴らしい作品を啓蒙する大きな放送塔が失われるのを残念に感じていますが、同時にニューヨーク・タイムズの書評で認められてるという法廷でマンガやアメコミ作品を弁護する際に活用できる論点が失われると憂慮しています。

今回、ニューヨーク・タイムズ書評からマンガとアメコミのベストセラー・リストの掲載が打ち切られることは両者の存在感の減退を示すものではないと私は信じたいです。アメコミの市場も日本マンガの北米市場も今なお成長し続けています。2014年に日本マンガの北米市場は8%成長し7000万ドル(大よそ78億円)となり、2015年にはさらに13%成長し、8500万ドル(大よそ95億円)と推測されています。

これは北米の総合的なコミック市場が2015年に10億ドル(大よそ1118億円)到達したとされていますが、日本マンガはこの1/10弱の大きさであるというのは驚異的な数字だと思います。[:北米の日本マンガ市場が絶頂期を迎えた2007年は2億ドル市場に達した時期がありました。まさにバブル状態で2008年にバブルがはじけ、2012年に6500万ドルまで下がり、それ以降再び成長し続けています。]

業界紙ICv2もコミック弁護基金と同じように今回のニューヨーク・タイムズのマンガとアメコミのベストセラー・リストの掲載の打ち切りを嘆いていますが、ご覧頂けた通りマンガとアメコミの市場が冷え込んだ結果ではなさそうです。

ここ数年、何度も海外のアニメ・マンガファンを中心としたイベントに参加してますが、相変わらず日本のアニメ・マンガキャラの侵食はすさまじいように思えます。中国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアをはじめとした多くの国々で日本作品の二次創作作品が取引されるイベントが複数開催され、日本の作家に引けをとらない素晴らしい才能が開花し続けています。フィリピンと韓国については同人誌が取引されているファンイベントの話はあまり聞きませんが、突出した技術と感性を備えた作家やイラストレーターが世界を舞台に活躍しています。

北米でも「アニメ的絵柄」の浸透はかなりの進んでいます。普通のデパートやスーパーでも日本の美少女マンガ画風やBL系の絵柄を見かけるようになりました。北米のどの日本アニメ・マンガファン中心イベントに行っても現地の方々が生み出した日本の作風の作品が沢山見れます。しかも本来はアメコミの中心イベント、コミック・コンベンションでも若い作家の間では日本の作風が過去の作風よりも大きな存在感を占めている印象が強いです。普段の生活でも日本のアニメ・マンガの絵柄はYouTubeのアバターで見かけたり、米国社説マンガでも活用されたり、学際でメイドカフェが登場したり、改造車PR用のTシャツに美少女キャラがお邪魔していたりします。現地のクリエーターが作るオリジナルアニメでも日本の絵柄は大きな影響力を発揮し、あまり喜ばしくないことですがオンライン掲示板には大量の画像が無断転載されています。終いには俳優ロビン・ウィリアムズが自ら出演する映画の画面の片隅にエヴァのフィギュアをわざわざ配置したそうです。

ところが興味深いのは日本の作風や絵柄に強く影響されていても日本自体に対して関心が薄かったり、日本の作品に興味がなかったり、日本の感性に敵意を示す例もあります。私はこれは悪いことばかりとは思いません。日本でも作風とメッセージ性は十人十色であり、色々なリミックスが行われています。日本のアニメ・マンガ独自の演出技法や記号が新たな文化で新たな意味を得ることができるほどの次元に成熟している表れだと思っています。

飽くまでわたしの主観ですが、日本のアニメ・マンガ界は世界でもっとも競技人口が多く、競争も激しく、多様性と豊かさでは抜き出ていると思っています。それゆえ、記号としても作風としても演出でも突出している要素が多く、一旦のその基礎知識と論理を理解できれば創作においては非常に使い勝手の良い武器となるのでしょう。物語を提供する手法の一つの標準として日本のマンガ・アニメの絵柄と同じように世界中に浸透した古典的ハリウッド映画演出論と同じような完成度があるのかもしれません。

ベネディクト・アンダーソンやディック・ヘップディッジの影響ですが、わたしは文化・思想はモジュール化されて、国境を越え、生み出された当初はまったく予想されていない別の形で活用され、それ自体独自のアイデンティティを獲得し、変化・成長することがあると思っています。この流れを最も端的に説明できる例は「カレー」でしょう。そもそもインドで生まれた料理ですが、インドで大多数を占めるヒンズー教では牛は聖なる存在とされているので殺したり食べたりするこはタブーですが、日本では「ビーフカレー」というものすごい矛盾した料理があります。ところがビーフカレーがものすごい物議を醸すような料理と言う印象はあまりありません。少なくとも日本では。

今後もアメリカをはじめとした諸外国で日本のアニメ・マンガの文化がどのように変化・発展していくのかを見守りたいと思います。

Posted in Japanese, news | Leave a comment

The Dangers of Fictional Human Rights

I have written in the past about some of the seductive qualities of suppressing unpleasant speech in my entry titled, The Seduction of the Thought Police.

Below are some points that I made in that entry:

“…when faced with realities that seem unforgiving or complicated, fiction quickly becomes a tantalizing target to control and punish.”

“Regulating fiction and art is never effective, and it never addresses the causes behind violence, but it makes us feel better. We feel we have done something, even if it is futile.”

“Thought policing never stops a person from having evil thoughts. Thought policing makes us feel better. It does not make us safer.”

I would like to add a few more points, specifically about the dangers of introducing real life rights into the realm of fiction and how that can be a losing proposition for everybody.

How would you respond to the following claim; “We should be willing to surrender elements of free speech when it involves protecting children in how they are depicted in fiction. We are dealing with the most vulnerable elements of society, therefore society should make special provisions to protect their sense of well-being and discourage any narratives that suggests they can be sexually exploited.

I have already stated the logical fallacy in the belief that children can be better protected by restricting fiction in my bilingual essay Thought Police Can’t Protect Real Children but the claim that I listed above directly targets a caring person’s heart, making it more difficult to question it validity.

In fact, we must be willing to examine such arguments even more carefully for the very reason that they are claims that are emotional charged.

When it comes to protecting children, few can argue the fact that they deserve special treatment. This is the very reason why we restrict certain forms of free speech from being accessible to children. We do not allow children to engage in certain forms of behavior involving risk as well.

Free societies places high value on an individual’s ability for self-determination, diversity and freedom of choice. Because we appreciate that certain risks are involved in a free society, we have various safety mechanisms in place to insure informed decision-making can be conducted, and for those members of society that cannot make informed decision-making, we restrict their access and freedoms. This does not only to protect those who are vulnerable, but it also protects a system that requires participants to be responsible for their actions.

Free speech does not compete against human rights so long as its creation nor distribution of free speech does not directly involve hardship against an individual, e.g. reproducing someone else’s material without their permission, harming someone in the process of producing content, making false statements against an individual, etc. This is especially true in the case of fiction since the contents of fiction, by their very nature of being fiction, does not interrelate with the circumstances of real people.

Attempting to introduce the concepts of human right violations into the realm of fiction makes the definition of human rights less concise–Are we concerned about protecting people or should we be concerned about making people feel they are protected? Not only that, the issues of human rights already can involve contentions issues, e.g. historical and/or cultural sensitivities versus changing concepts of human rights, or competition between the desire to preserve group identities that conflicts with aspirations for individuality. Debating the merits of human rights in fiction makes these discussions needlessly complicated and can contribute toward apathy spreading in the public regarding concerns over human rights. Apathy and indifference toward laudable ideals are likely to expand when some feel those ideals are discriminatory or meaningless.

Few would argue against abolishing abuse of people, but what about making the claim that people depicted in fiction should be free of abuse? The former statement it easy to understand, but the later statement is a minefield for misunderstanding and confusion. Why do we need to protect people who don’t exist? Who are we protecting? Are we going to be selectively reflecting our real life ideals in fiction? Why?

And yet, there are instances when some feel their sensibilities (however well-meaning they may be) must be righteous over your assertions that human rights and free speech do not compete. In circumstances when you need to match someone’s emotionally charged sentiments with something equally strong, then consider asking the following question to them; “Would you sanction the use of torture of adults by the state for information that may safeguard children?

Asking people to choose between the torture of adults against the rights of children is extreme, nevertheless, this is the same logic behind calls for restricting depictions of minors in fiction in order to expunge society of “unwholesome and dangerous fantasies.”

If one feels debating a willingness to subject of torturing adults to protect children is preposterous, then why are we debating the application of real life norms in the world of fantasy. And why should the rights of fictional children be protected, while other groups are not? Do children deserve more protection then any other demographic? Why not introduce the concept of hate speech in fiction?

I do not support the contention that it should be legal to conduct torture to protect children, or for any other reason, not because I do not value the lives of children, but because I feel human rights are universal. Rights should apply to everyone equally, and the state must not be allowed to be in a position to place priorities regarding which lives deserve more protections than others.

As individual human beings, there may be instances where we may have to make difficult decisions, but we should never enter a situation where the government is entrusted to create a hierarchy regarding the worth of human beings between different groups of people.

The universal respect of human rights is the cornerstone of a free and equal, democratic civil society.

Another important cornerstone of free society is free speech, a right that enshrines diversity and tolerance for even unpopular speech.

Freedom of expression should not just tolerate unpopular speech, but it should be its patron saint. Remember, the voice of the rich, powerful and the majority will always dominate due to the authority it enjoys and the popularity that makes it ubiquitous. Those voices do not need free speech for them to be protected. Speech that maybe unpopular, ideas that challenge the status quo, concepts that might not be refined need protection the most. The success a given work can enjoy should be determined by the open marketplace of ideas, and not determined by how the state looks upon it as favorable or unworthy.

And while I have stated this many times already, I will repeat some important core principles of artistic freedom once more. Forcing art or popular fiction to fulfill the role of textbooks for moral education is counterproductive and misguided. Entertainment exists to entertain. Art exists to enlighten. Education exists to inform. Just as it is dangerous to mix fiction with reality, it is dangerous to introduce the legal requirement that art or fiction should be educational and conform to moral guidelines of the state.

Nevertheless, there are those that feel the protection of free speech should be applied narrowly toward material that serve a social benefit, or help achieve a laudable goal. This line of thinking assumes that free speech must be justified through social considerations, and while this sounds plausible, it is actually very dangerous. If you reverse the logic, it means your right to say something must be approved by others who are willing to validate your ideals and goals.

Calls to qualify free speech is nothing less than making calls to limit your own right to engage in free speech. It is dangerous and this must be pointed out accordingly.

If you are an advocate for free speech, if you support free manga and anime and other forms of popular culture,  if you oppose those that insist upon censorship–If can feel very frustrating that you must engage people those who are blasé about curving artistic freedom. Nevertheless, you must patiently and repeatedly point that “A culture grows richer through addition, not through subtraction,” “Freedom of thought and free speech may protect speech you disagree with, but it also protects your right to criticize such speech and protects your speech as well, and therefore you should not be willing to surrender your rights in piecemeal so easily,” and “Human rights must be respected equally.” These are ideals that must be tirelessly advocated as being both meaningful and universal.

Lastly, for those who wish to come to the defense of creators, publishers, and genres which are threatened, I would like to point out that there are simple things you can do. Buying their products, sending letters of appreciation, and/or singing  praises of their creations publicly on any medium will keep people encouraged and emboldened to create more, even in the face threats of censorship or strangulating  regulation. Loss of income and interest will do more harm than any regulation could hope to achieve.

Also, please consider giving donations to any local bodies that help protect free speech. For those in the English speaking world, I highly recommend the Comic Book Legal Defense Fund. While their ability to come to the aid of those overseas is limited, keeping the United States a thriving land of free speech for comic books and cartoons, which includes manga and anime, will play an important role in indirectly keeping creativity unhindered and channels of distributions open in many others countries as well.

Posted in censorship, child pornography, harmful material, public morality and media | 2 Comments

『トブルクの魔女』委託情報

嵐のような2016年も終え、時はすでに2017年に突入してしまいました。本来は年始のご挨拶をしかったのですが、年末に溜まった疲労で正月はずっと休んでいました。この時期になってようやく元気が戻ってきた体たらくです。大変申し訳ありません。

2016年の冬のコミックマーケットも無事に終了し、当サークル「第8装甲連隊」は会場販売分が完売するという予想外の事態に恵まれました。これもひとえに皆さんのご支援の賜物です。本当ありがとうございます。

c0-y_-yviaagp_7

『トブルクの魔女』の委託販売は現在とらのあなで行われていますので、もしご興味ありましたら是非ともご参照下さい。大変ありがたいことにWeb特設ページを設けて頂けました。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/49/27/040030492728.html

『トブルクの魔女』の詳細についてはこちらをご覧下さい。

委託販売告知だけではややつまらないので、水無月十三さんから頂いた挿絵を映画の一場面のようにアレンジした画像集をお送りいたしますね。

owen-and-hennessy-copy

boltons-bluster-copy

1rtr-copy

cugnasca-and-milligan-copy

newton-copy

既に今年2月に開催されるサンシャインクリエイション、SC2017 Winterと今年に4月に開催されるComic1☆11に申し込みました。当選したら順次報告する予定です。

今年も商業活動、同人活動、国際交流など色々な形でがんばりますので何卒よろしくお願い致します!

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, Japanese, Land battle witches projects | Leave a comment

『トブルクの魔女』C91冬コミ情報

2017/1/10追加情報:
『トブルクの魔女』の委託販売は現在とらのあなで行われていますので、もしご興味ありましたら是非ともご参照下さい。大変ありがたいことにWeb特設ページを設けて頂けました。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/49/27/040030492728.html

01-fcvr-wot20161231-copy40 rcvr-wot20161231-copy40

執筆作業が16ヶ月以上渡ってしまいましたが、なんとか完成させました。伝説のトブルク戦をモチーフにウィッチたちが存分に活躍する枠組みを試みました。

012-characterintrof_th20

新しいウィッチを17人以上登場させました。トブルク攻防戦の緒戦の緊迫感を少しでも感じ取ってくだされば幸いです。

当同人サークル「第8装甲連隊」は三日目、土曜日12月31日の参加で、スペースはY-13aとなっております。

『トブルクの魔女』の版形はB5で、総ページは168ページとなっています。今回はカラー口絵を6ページ追加しました。

004-mikoyan_hennessy-copy40 006-einlee_newtoncomplete-copy40 007-tokiani_leakey-copy40
トブルク攻防戦を舞台にした陸戦ウィッチに焦点を当てた物語で主役は当然アウストラリス人!しかしこの他にもブリタニアや空戦ウィッチも沢山登場します。企画・キャラデザ・原作は小生、兼光が担当し、水無月十三さんが素晴らしい挿絵をご提供してくださいました。062tow-novel_ap325102tow-novel_ap345

表紙は水無月十三さんの線画を古川ヘッツァーさんが彩色。裏表紙はトキ兄さんが担当されました。

133-takemitsu_m11-39f_th20 138-shimizu_owenf_th20 141-type90_newtonf_th20 143-tn01f_th20 161-takanaga1f_th20 010-tocf_th20

総参加者リストは大変ありがたいことにかなり膨大です(汗)。
(掲載順・敬称略):
水無月十三
みこやん
Ein Lee
トキ兄
古川ヘッツァー
サンクマ
兼光ダニエル真
A士
長谷川竹光
おおたたけし
吉川和篤
おひるねカード
清水清
迂闊十臓
VT
TYPE.90
紗汐 冴
蒔野靖弘
こいでたく
久彦
大田和寛

碧宇
逢摩文七朗
神宮小川
もず
高永浩平
カクガリ兄弟

01-cvrf_th20

今回は会場限定の本を用意できました。『トブルクの魔女』を会場で購入すると『トブルクの魔女副読本』を無償提供します!つまり二冊セットで2000円です。

02-notes01f_th20 06-oob1f_th20 09-oob4f_th20 07-oob2f_th20 11-humanrelationsf_th20

『トブルクの魔女副読本』は12ページの折本ですが、かなり濃厚な軍事考察や設定説明、それに登場キャラクター相関図も掲載しました。

表紙は古川ヘッツァーさん、裏表紙はダルシー研Q所さんが担当されました。

それでは当日よろしくお願い致します!

当同人誌にご興味を感じつつも当日会場に立ち寄れない方はもしよろしければとらのあなでご予約を下さい~
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/49/27/040030492728.html

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, Japanese, Land battle witches projects | 6 Comments

Some Common Western Misconceptions

When answering inquires from the overseas press regarding artistic freedom in manga and anime, I try to add the following note. I am tired of being type cast as the tone-deaf guy that wants to protect anime and manga at the expense of everything else. I’m not sure if it helps, but I try all the same…

I would like to note that I am an advocate for free speech and freedom for both men and women to expressive themselves freely in every medium as long as they do not directly inhibit other’s human rights.

There has been strong interest in how Japan permits fictional sexually explicit anime and manga (animation and comic books) featuring minors in sexual situations aimed at male audiences. While the public and members of the media are quite aware of this, academics and specialists also note that the Western world tends not notice that nearly half of all animation and comic books in Japan are aimed at female audiences, a huge market for sexually explicit material for female audiences exists there, and that manga authorship in Japan is roughly gender equal (there are as many female author/artists as well as male author/artists.)

Solely focusing on the male audience and their market in Japan tends to reinforce the following Western assumptions:
1) Only men are interested in sexually explicit material.
2) Women are not interested in creatively pursuing sexually explicit material.
3) Ignore the fact that there is a market for both genders (and all common sexual orientations,) with a considerable amount of cross-over between these markets.
4) Preference for certain types of fictional sexually explicit material equates to holding such inclinations in real life as well.

There is a huge market for homoerotic material authored and consumed by Japanese women featuring male on male relationships. Few women who enjoy this material aspire to change their biological gender to pursue homosexual relationships.

Posted in censorship, harmful material, public morality and media | Leave a comment

表現の暴政

日本のコンテンツに限った話ではありませんが、「許容」と「圧迫」の話を少々。日本のアニメ・マンガが現時点で世界で羨望の対象になっている最大の理由は「自由」「豊富」「多様」だからです。だれでも感情移入できる対象物が沢山揃っており、特定の作風を強要せず、複数の市場が共存している。

「圧迫」というのはその表現自体が法的に規制されている、一転集中傾向の市場が異なる方向性の表現を許容していない、特定の商品を選ぶと異なる選択肢が活用できないなどの場合は発生しやすいでしょう。

しかしに日本のマンガ・アニメ・ゲームコンテンツで言えば法的規制は諸外国に比べてかなり自由度が高く、複数の読者層(老若男女)を対象とした複数の市場が共存共栄しており、なによりも複数の作品を自由気ままに購入できるくらい選択肢が多く、まさしくより取り見取りのできるすごい場所です。

女性も男性も高齢者も未成年も何も憚ることなく多種多様な表現を満喫できる日本の作品群が「圧迫」「差別的」「非許容」だというのならばそれはアニメ・マンガ・ゲームの問題ではなくて社会全体がそのような傾向があることを示していると思います。

そしてそのような主流派に対してアンチテーゼや反論をもっとも展開しやすいのが日本のアニメ・マンガ・ゲームです。原爆問題、同性愛、部落差別などについて日本のマンガは率先して取り組むことが出来ました。

社会問題に日本のマンガは60~70年代頃から取り組み始めました。アメリカのコミックでも黒人問題や民族問題について問題定義する作品がありましたが、ジャンルの傾向がヒーロー物が集中し、基本的に男の子向けの色合いが非常に強い非寛容で圧迫的なメディアでした。

アングラやミニコミで独自の表現を模索することがあっても、日本のように商業出版において多種多様な読者を相手に様々な社会的な問題をなぜアメリカのコミックは追求できなかったのでしょうか?映画や音楽ではあれだけ活発だったにも関わらず。

それはアメリカでは「マンガ害悪論」「マンガは児童向け」「表現の自由は当てはまらない」「相応しい価値観しか提示すべきではない」に基づく統治・管理・自主規制の時代が続いていたからです。

日本で「マンガ・アニメ・ゲームは文学や絵画よりも危険」「不謹慎な表現は規制されるべき」という論理で進行すればたちまち多様性も魅力も減退するでしょう。となれば日本のマンガ・アニメ・ゲームの更なる進化・発展は海外頼みになるかもしれません。

もう既に日本のアニメ・マンガ・ゲームの文化は海外で広く浸透し、新しいクリエーターの表現手段となっています。日本のクリエーターが海外のクリエーターと競作、コラボ、刺激し合う時代が終焉しないことを心から祈っています。

Posted in censorship, Japanese, public morality and media | Leave a comment

第8装甲連隊C90夏コミ新刊:『トブルクの魔女設定資料集』発行と委託情報

陸戦ウィッチを愛でる同人サークル「第8装甲連隊」よりコミックマーケット三日目、ヨ-17aにて『トブルクの魔女設定資料集』を会場限定のフルカラーのオマケ小冊子付きで一部1000円で頒布させて頂きました。

現在とらのあな様から委託販売されておりますので、もしご興味ありましたら何卒宜しくお願い致します。

WoTPDC(C90)0104-cover(semiflat) cropsample
表紙は水無月十三さんです!

現在鋭意製作中のトブルクの魔女に合せて制作された設定画像を沢山詰め込みました!

中身は兼光の設定資料画像が主体ですがゲストも盛り沢山。サンクマ、みこやん、トキ兄、長谷川竹光、久彦、もず、蒔野靖弘、碧宇、迂闊十臓、逢摩文七朗、高永浩平、VT、TYPE.90、Junkpuyo、神宮小川(順不同・敬称略


沢山のゲストを交えてトブルクの魔女に登場するキャラクターを紹介します。ご期待ください!

Posted in Uncategorized | 3 Comments