第8装甲連隊C90夏コミ新刊:『トブルクの魔女設定資料集』発行と委託情報

陸戦ウィッチを愛でる同人サークル「第8装甲連隊」よりコミックマーケット三日目、ヨ-17aにて『トブルクの魔女設定資料集』を会場限定のフルカラーのオマケ小冊子付きで一部1000円で頒布させて頂きました。

現在とらのあな様から委託販売されておりますので、もしご興味ありましたら何卒宜しくお願い致します。

WoTPDC(C90)0104-cover(semiflat) cropsample
表紙は水無月十三さんです!

現在鋭意製作中のトブルクの魔女に合せて制作された設定画像を沢山詰め込みました!

中身は兼光の設定資料画像が主体ですがゲストも盛り沢山。サンクマ、みこやん、トキ兄、長谷川竹光、久彦、もず、蒔野靖弘、碧宇、迂闊十臓、逢摩文七朗、高永浩平、VT、TYPE.90、Junkpuyo、神宮小川(順不同・敬称略


沢山のゲストを交えてトブルクの魔女に登場するキャラクターを紹介します。ご期待ください!

Posted in Uncategorized | 3 Comments

How to express yourself and survive

I just returned back from a trip to Toronto to attend Anime North. Takeshi Nogami and I were invited as guests and between the two of us we did a number of panels where the subject of self-expression came up. Having returned, I thought I might want to write something short based on the wonderful feedback that we got there.

Generally speaking two motivations stand out regarding self-expression. There is the satisfaction you win from seeing others enjoy your work. There is also desire to express what is inside all of us. These two elements of self-expression are similar but there is a big difference. There are cases where the two contradict each other, but you can learn to make the two coincide. Once you can learn to appreciate both aspects of self-expression and better understand what you want to do, then I am certain the creative process will become even more enjoyable.

Nearly everyone likes it when you see a smile appear on a person’s face when you mention something to them. Facilitating a person’s entertainment is a core desire on the part of most people who likes to express themselves to others. There is no better way to enhance a child’s creativity then show enthusiasm for the creation and encourage the child to do more.

But sometimes what people want is not what you want to create or express. This is natural, of course, since everyone is different. There are some universal themes that are appreciated by many, but even in taking up subjects that many find interesting, the direction and nuances involved will draw some closer while repelling others away.

And finally, there are personal emotions and aspirations that dominate our hearts and fester in our minds. Some of them might not be so pleasant, but that is perfectly fine. We all get angry, sad, and envious over the course of time. We need to vent it, but we also need the discretion to express these urges in forms that are constructive. If you carelessly express yourself and cause discomfort or resentment on the part of others, two of one things will happen. You will become afraid to express yourself, or you will start to interact with fewer and fewer number of people.

Emotions and opinions are what makes us human. Everybody has them. You need to find a realm that is safe to express them. You should not expect everyone to appreciate them all the time, anywhere you are. The last thing you need at the end of a long work day is having someone make fun of your face while waiting to check-out at the local supermarket.

The ability to channel our feelings and thoughts makes us feel more liberated and uninhibited. When you can direct them into forms that entertain others, it will give you a sense of fulfillment that is very difficult to match by anything else.

Just as some respects social institutions inhibit us more than free us, adhering to popular themes and genres can be restricting to a person’s creativity and originality. However, as you become more and more skillful in creating, then you will realize that there are many facets of being a creative person. Even in the most mundane and ubiquitous subject, there are ways to incorporate your unique creativity.

When you are starting out, do not get overly concerned about not being creative. Just like with dancing and cooking, you will become better through practice. If you are mindful, that you can learn from each time you complete a drawing or complete a project and present it to others. Over the course of time, the tools available to compose material will become more and more sophisticated and better polished. You will never be satisfied with what you can do, but you will amaze yourself with what you have accomplished when you compare it with what you were doing in the beginning.

Never mix up what you want to express with what people want. These are two separate things that you need to mediate and negotiate. Your desire to express yourself compels you to supply material to others, but if you strive to win larger audiences, then you must learn to channel your creativity in ways that go beyond just fulfilling your needs. Sometimes your tastes and the audience’s tastes match, and that is wonderful when it does. But in many instances, that may not always be the case.

Never lose focus on what you want to do, even if you need to do something else. There are many audiences out there, and for some projects it might be better to focus on satisfying a smaller audience than a larger one. There are strengths and weakness to both approaches, but if you do not remain conscious of the audience that you are speaking to, then you will easily get disillusioned.

And lastly, never get discouraged from trying again. There will be days when it seems like the end of the world. Don’t worry, it can always be worse! But most importantly, better things will never come by unless you try again.

Many people talk about talent, and to be frank, artistic talent is over-rated. The motivation and discipline that comes from a diligent and driven person will achieve growth and refinement that will far excel beyond an artistically talented person that only works casually.

A willingness to be diligent and the spirit of playfulness that comes along with being comfortable with the creative process will take you places you never expected. Most importantly, these attributes can be developed by nearly everyone.

It’s a wild ride, and everyone is welcome join in.

Posted in creative process | 2 Comments

鎖国という市場構築

『中国、3月10日より外国企業のゲームやアニメ配信を禁止に。合弁会社も不可』
http://www.gamecast-blog.com/archives/65854634.html
「中国の情報統制が、アプリに影響を及ぼしそうだ。
New York TimesForbesが伝えるところによると、2016年3月10日より中国で新しい規定が施行され、中国国外の企業は、中国でオンラインコンテンツを配信できなくなるとのこと。
このオンラインコンテンツには、文章、地図、ゲーム、アニメや音楽やビデオが含まれる」

情報統制という括りで紹介されているこの記事ですが、ちょっと違う側面から考え必要があると思います。

現在、ニュース・娯楽・情報の多くは世界中で共有されています。英語圏で作成された娯楽やニュースが世界を駆け巡る速度が非常に高いのはそれだけ英語を活用するひとが世界に多いことを裏付けています。

しかしマンガやアニメとなると日本語のままでも影響力が国内だけに留まらず、海外でもかなりの波及力を保持しています。

それは海外で日本語ができるひとが多いからではなく、「マンガ・アニメでは日本が総本山」という刷り込みが強く、人口一人あたりの市場規模が世界最大だからです。

以下、2014年のデータです:

国 : 人口 / コミック出版市場規模 / アニメ市場規模
日本 : 約1.2億人 / 約3569億円 / 約1兆4913億円
米国+カナダ : 約3.5億人 / 約1020億円 / 不明
中国 : 約13億人 / 不明 / 約1.7兆円
抜粋元はそれぞれの数字からリンクを貼りました。

単純比較するのは危険だと思いますが、北米の人口が日本の3倍なのにコミック市場は日本の1/3、中国の人口は日本の10倍なのにアニメ市場が日本とほぼ同じであることがわかります。かなり都合の良い数字を並べているのは存じておりますが、ここで申し上げたいのは日本の人口と制作者人口の数を考えると日本の市場は凄まじく、多種多様な作品が膨大に生み出されているという私なりの印象です。

さて、今回の中国の政策ですが、世界から様々な作品が中国に流入しているのに歯止めを掛け、統治力強化も大きな動機だと思います。しかしながら中国指導部にとってもう一つ大きな懸案事項があると前々から聞き及んでいます。

中国の経済発展の度合いの凄まじさに比べると文化的発信力がかなり弱いということです。

中国の市場はかなり大きいのですが、映画ではハリウッド、マンガ・アニメでは日本の作品からの影響がかなり強いことは色々な記事でより取りざたされています。中国指導部としては国内でコンテンツ作りを促進して世界規模での文化的存在感を高めたいという願望が強く、これに準じて色々な規制と援助金を交付しているとよく話題に登ります。

しかし思ったほど成果を出していないのかもしれません。中国の市場を満足させるために中国資本を取り込んだ映画作りはハリウッドでは珍しくありませんが、これも結局は米国文化作品です。中国共産党執行部としてはより大胆な政策を打ち出したのかもしれません。

冒頭で紹介した記事に書かれているように、中国で人気あるアプリや作品に対して直接干渉出来るのであれば、統治力強化の観点から非常に魅力的です。

しかし海外から絶え間なく流入する輸入品を徹底的に制限することで「輸入代替で保護して発展を促す」という側面もあると思います。

輸入代替政策はあまり珍しくありません。経済発展学ではより取り沙汰されます。

しかし輸入代替経済発展政策において民間の国内競争と法統治の透明性、そして創意工夫を促す報酬体系(会社経営者だけではなくて制作者自体が開発作品で利潤を得ること)がとても大事なので、これらの点では中国の歪な市場は是正されないと思います。

今後中国のクリエーターにとってどのような世界が待っているのか、そして世界はそれに対してどのように対応するのか、注視し続けたいと思います。

Posted in bureaucracy, censorship, harmful material, Japanese, news, public morality and media | Leave a comment

Misguided Priorities and Self-Contradictions in the United Nations

Update: The UN Committee on the Convention of the Elimination of All Forms of Discrimination against Women has released their final report regarding women’s rights. Go here to see what they had to say about Japanese anime and manga.

国連女子差別撤廃委員会の対日審査最終見解でマンガやアニメについて言及した部分(英語)を掲載しました。件の部分は下線されています。

The United Nations’s Office of the High Commissioner for Human Rights (OHCHR) provides an important role in protecting human rights around the world. They not only address violations of human rights where people’s lives are threatened by violence, but they also attempt to reveal systemic abuses and discriminatory practices that thwart people from realizing their full potential.

Unfortunately, sometimes in their zeal to address social ills, the OHCHR not only seems to exhibit misguided priorities and over-simplified issues revolving around artistic expression and singled out Japanese anime and video games, but self-contradicted one of the core tenants of enshrined in the United Nations.

Under the heading of “Japan’s record on women’s rights to face review by UN Committee”, the UN Committee on the Convention of the Elimination of All Forms of Discrimination against Women (CEDAW) will examine Japan’s records on women’s rights. It states that: “Among the possible issues for discussion between CEDAW and a delegation from the Japanese Government are: Banning the sale of video games or cartoons involving sexual violence against women; employment equality, illegal dismissal of women due to pregnancy and childbirth; sexual harassment in the workplace; reintegration into school textbooks of issue of “comfort women”; compensation for women with disabilities sterilised against their will; effect on women, particularly pregnant women, of health programmes introduced after the Fukushima nuclear disaster; difference in pension benefits for men and women, poverty among older women.” [Italicization by myself.]

Let’s review that list once more.

The have listed “Banning the sale of video games or cartoons involving sexual violence against women” at the very top.

I hate to sound presumptuous, but aren’t the rights of real women far more important than the rights of women in fiction?

If they wish to address how social attitudes against women are forged in Japan, would it not be important to address the totality of media messaging that is infused with movies, magazines, TV, and more?

And why are they jumping to conclusions by assuming that a ban is necessary? And why is it necessary only in the case of video games and cartoons? If a ban is necessary, does it not makes sense to prioritize how real women are depicted in adult films? Few people would mistake manga characters as being real.

Or is the CEDAW of the belief that manga, anime, and video games are more influential than movies, television, and photographs, just as in the case of the revision to the Tokyo Metropolitan Ordinance Regarding the Healthy Development of Youths? (See Anime and Manga More Harmful Than TV and Films According to Tokyo).

As I have stated many times before in this blog and else where, it is my belief that regulating fiction to address real social ills is both misguided and counterproductive. Thought policing has never worked in course of human history. It simply diverts resources that would be better utilized elsewhere and helps construct Orwellian regulatory authorities where the public is constantly left guessing as to the extent to which their free speech may be prosecuted at the whim of the censors. Dangerous thoughts and their expressions will always find ways to surface. It is far better to educate and allow people to openly debate controversial and unpopular subjects, instead of pretending that censoring culture will some how make the public more civil.

Morality and civility must be learned. Sheltering people from “dangerous thoughts” is no guarantee they would be nicer people. If anything, an artistic culture laden with taboos and required to adhere to laws of the real world is repressive and not conducive to creativity.

A culture grows richer by addition, not by subtraction.

And further more, the United Nations themselves have stated:
“Everyone has the right to freedom of opinion and expression; this right includes the right to hold opinions without interference and to seek, receive and impart information and ideas through any media and regardless of frontiers” (quoted from UNESCO’s website.)

While some examples may be unpopular, any form of fictional manga is a mere expression of a person’s thoughts, not an incitement to action nor declaration of fact.

The logic of regulating fiction and ideas because they might provoke some towards in reality is a dangerous threshold to cross. It is akin to absolving a sexual perpetrator of their personal responsibility for the act they have conducted for it places blame on their environment, and not the individual.

We need to address real crimes and real social issues by confronting them in the real world, not the fictional world.

Update: Below is the answer provided by the Japanese government regarding the questions laid down by the CEDAW:

Question 7 Please indicate the measures taken to ban the sale of video games or cartoons involving rape and sexual violence against girls and women and to raise awareness among the producers of such materials, in line with the Committee’s general recommendation No. 19 on violence against women. Please also indicate the measures taken to address the mass production, distribution and use of pornographic videos in which women are targets of sexual violence, as well as the portrayal of sexualized commercial images of women.

(Answer)
35. Concerning video games and films, self-imposed regulation by the industry and its independent rating organizations have been carried out through ratings and reviews of such media containing sexually explicit and violent scenes or scenes including anti-social behavior, to ensure that ethically inappropriate games and films are not distributed.
36. In 46 prefectures, ordinances have been enacted, and a list of books designated as detrimental has been created to regulate the reading/browsing of such material by youths and the sale of such material to youths.
37. The Government of Japan (GOJ) clarifies the requirements for exemption from liability for Internet Service Providers (ISPs) through the Act on the Limitation of Liability for Damages of Specified Telecommunications Service Providers and the Right to Demand Disclosure of Identification Information of the Senders and the Act on the Prevention of Revenge Pornography. A list of the Internet addresses of websites that contain child pornography has been provided to ISPs and other relevant companies, and support is provided for voluntary measures to prevent the distribution of such material.
38. The police strengthened investigations on crimes by groups of child pornography consumer and crimes carried out with file-sharing software. In 2014, the police cleared 1,828 cases of child pornography (746 children were victimized). These numbers represent a record high.
39. In 2014, 850 arrests for obscenity offences committed using computer networks, and 185 arrests for crimes related to the sale of obscene DVDs, were made. Press releases regarding those arrests have been held accordingly.
40. Distribution, public display of, and possession for distribution purposes of obscene drawings are punishable under Article 175 of the Penal Code. The possession, production, provision, and public display of child pornography is also punishable under the Act on Regulation and Punishment of Acts Relating to Child Prostitution and Child Pornography, and the Protection of Children (Paragraph 189 of the Reports). Such crimes are dealt with by administering strict and appropriate dispositions and sentences. This Act was revised in June 2014 to criminalize acts of producing child pornography through secret filming, as well as acts of possession and storage of child pornography for the purpose of satisfying sexual curiosity.
41. To reduce browsing by youths of harmful information on the Internet including pornography, the GOJ implements measures to improve youths’ Internet literacy by providing information, raising awareness, and promoting the use of filtering services.

All of the above was retrieved from here.

March 7th, 2016 Update:

The UN Committee on the Convention of the Elimination of All Forms of Discrimination against Women has released their final report regarding women’s rights and they have returned to the subject of anime and manga.

Stereotypes and harmful practices

20. The Committee remains concerned at the persistence of patriarchal attitudes and deep-rooted stereotypes regarding the roles and responsibilities of women and men in the family and in society. The Committee is particularly concerned that:
(a) The persistence of these stereotypes continues to be reflected in the media and educational textbooks and has an impact on educational choices and the sharing of family and domestic responsibilities between women and men;
(b) The media often depicts women and girls in a stereotyped manner including as sex-objects;
(c) Stereotypes continue to be the root causes of sexual violence against women and that pornography, video games and animation such as manga promote sexual violence against women and girls; and
(d) Sexist speech continues to be directed against women, ethnic and other minority women such as the Ainu, Buraku and Zainichi Korean women and migrant women.

21. The Committee reiterates its previous recommendation (CEDAW/C/JPN/CO/6, para. 30) and urges the State party to:
(a) Intensify its efforts to change social norms that reinforce traditional roles of women and men and to promote positive cultural traditions that promote the human rights of women and girls;
(b) Effectively implement existing legal measures and monitoring programmes in order to regulate the production and distribution of pornographic material, video games and animation that exacerbate discriminatory gender stereotypes and reinforce sexual violence against women and girls;
(c) Review educational textbooks and materials to eliminate discriminatory gender stereotypes;
(d) Adopt legislation to prohibit and sanction sexist speech and propaganda advocating racial superiority or hatred, including attacks on ethnic and other minority women such as the Ainu, Buraku and Zainichi Korean women as well as migrant women; and
(e) Regularly monitor and assess the impact, through an independent expert body, of measures taken to eliminate discriminatory gender stereotypes and prejudices against Ainu, Buraku, Zainichi Korean women and migrant women.

Underlines by myself.
All of the above was retrieved from here.

抜粋元はこちらです。

 

Posted in censorship, harmful material, public morality and media | 3 Comments

2016 rolls around

Well we are already 6 weeks into 2016.

2015 was a pretty rocky year for me so I am hoping 2016 will not be as bad. I do apologize for lack of updates in English, but life was been rather brutal.

I already have so ideas for some subjects I would like to discuss in the coming months, so please drop by from time to time.

Also, you may have noticed that I have been visiting more conventions overseas.

In 2015, I attended Anime Expo (USA), Otakon (USA), Anime Weekend Atlanta  (USA), and Fancy Frontier (Taiwan). I’ve already been in Anime Los Angeles just last month.

I’ll try my best to note upcoming engagements on this blog.

I’ll see you around!

-Dan

Posted in events, everyday life | Leave a comment

第8装甲連隊:『獅子の魔女 第五巻』発行と冬コミ情報 [三日目L-35a]

なんとか間に合いました!
コミックマーケット89にて小説本編を含めた新刊が出ます。
00_lhw05_0104-cover(RGB)promocopy

今回は短編二編を書きました。

『ベッカーの帰還』は「獅子の魔女」シリーズの時系列では最新話であり、結構重要なエピソードなのでご期待ください。第二部への橋渡し的展開となります。「鹵獲」ネタは史実でもかなり行われていたのでということで以前から書きたかったのです。ようやく送り出せて嬉しいです。

『パンと写真』ではこれまで漠然としか描かれていなかった「北アフリカの食生活」についてカールスラント方面を中心にかなり検証しました。沢山の本を読むとおおざっぱな共通項や同じ特定の食べ物についても兵士によっては意見が異なるのが面白いです。

両方とも水無月十三さんがいつも通りどころか更にパワフルな挿絵を頂きました。水無月さんのご協力で「獅子の魔女」がより親しみやすくなったのに本当に感謝しています。皆さんも応援してくださいね!

今回は食べ物特集となっています。兼光による調査と分析ですが、なにかの参考になれれば幸いです。

小説や記事に加えてマンガも複数掲載しております。兼光による原案をあさりよしとおさんにマンガ化して頂きました。以前の馴染の人物が登場しますよ。

表紙は台湾在住の女傑、Ein Lee(アイン・リー)さんに無理言って担当して頂きました。しかもコメントも掲載されております。ご意見いただけると恐縮です。ちゃんと本人に届けますよ。

ヴァールの斧スコップの設定はまるかたさんにお願いしているのですが、今回はご本人に描いて頂けて感無量です。前々からこんな絵を見たかったので望外の幸せです!

この他にも沢山の方々の作品やイラストを掲載しております。普段より薄めですが、カラー口絵も加えて気軽に楽しめる本にできればと祈っております。

20151231Pz.RgPromoWeb1 copy3020151231Pz.RgPromoWeb2 copy3020151231Pz.RgPromoWeb3 copy3020151231Pz.RgPromoWeb4 copy30

詳細データです:
『獅子の魔女第五巻』(短編集)
表紙:Ein Lee(アイン・リー) 裏表紙:まるかた
本編:小説・兼光ダニエル真 挿絵・水無月十三
総参加者リスト(掲載順):Junkpuyo、トキ兄、兼光ダニエル真、水無月十三、神宮小川、蒔野靖弘、こいでたく、高永浩平、TYPE.90、EU03、おひるねカード、Ein Lee、あさりよしとお(敬称略)
ページ数と判型:54ページ・B5
価格:500円(会場価格)

コミックマーケット89ではサークル「第8装甲連隊」の参加日は三日目の木曜日で、サークルスペースはL-35aです。

それではよろしくお願い致します!

追記:既刊情報

ギリギリで申し訳ありませんが、今回持ち込み予定の既刊は以下の本です。

『獅子の魔女 第三巻』 1,000円
『獅子の魔女 第四巻』 1,000円
以前は二冊同時購入でクリアファイルを進呈しておりましたが、クリアファイルの在庫がなくなりました。書籍のみとなります。
『獅子の魔女 外伝』 1,000円
今回の新刊はこの外伝の後日談です。新刊だけでも十分楽しめるように書いたつもりですが、もしお読みでなかったらこちらの外伝もお勧めです。

以上です。それでは当日お願いします!

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, events, The Lionheart Witch | Leave a comment

日本と海外からの視点の乖離:2008年ブラジル会議を検証

2015年10月26日に国連の「子どもの売買、児童売春、児童ポルノ」に関する特別報告者、マオド・ド・ブーアブキッキオ(Maud de Boer-Buquicchio)氏による「特に極端な児童ポルノ・コンテンツを扱った漫画は、禁止すべきだ」という発言は大きな話題を呼びました。しかしながら過去に遡るとこのように創作上の行為と現実社会での行為を類似物であるという主張が海外の国際会議では何ら珍しくありません。

兎角、日本のマンガ・アニメの現状から掛け離れた議論が展開されている例として、2008年にブラジルで開催された「第3回子どもと青少年の性的搾取に反対する会議」で日本のアニメ・マンガがどのような脈絡で論じられたかを検証すべきだと思います。

以下、2008年に発表されたエクパット・インターナショナルが発表した論文からの抜粋と小生による翻訳です。

原文:Child Pornography and Sexual Exploitation of Children Online – A contribution of ECPAT International to the World Congress III against Sexual Exploitation of Children and Adolescents (Rio de Janeiro, Brazil 25-28 November)
抜粋箇所:同書の17ページから20ページ
原典は同会議オフィシャルウィブサイトに掲載もその後ドメイン失効でリンク切れの模様http://www.iiicongressomundial.net/congresso/arquivos/thematic_paper_ictpsy_eng.pdf
(2015年現在リンク切れ)

翻訳:兼光ダニエル真

2.2 ヴァーチャル[仮想]児童ポルノ

法廷における物的証拠立証問題におけるもう一つの問題は擬似([画像の]デジタル[データ]の改竄)画像及び仮想児童ポルノである。

欧州評議会の「子どもの性的搾取、性的虐待からの保護に関する条約」の中に置いて次のように規定されている――「条約当事者は第1項a.及びe.項目の中に次の形態のポルノ的作品の製造及び所持[違法化規定]の中に一部、無いし全文を含まなくてもよろしい:児童を真似た表象物や実在しない児童の写実的な画像」 [巻末訳者注釈1を参照] 。ヴァーチャル児童ポルノの問題については大まかにおいて国際的枠組みの中では取り上げられておらず、これらの作品を違法化する必要性について合意はほとんど形成していない。この問題についてインターネット[を経由する]児童ポルノと法律の関係について検証する際により踏み込んで言及する。

デジタルデータの操作された画像については、2003年にジレスピィ(i)がどの程度まで画像が操作されれば擬似画像と認められ、それを伴いイギリスやウェールズにおいて刑期が短縮される問題に焦点を当てた。米国に置いては仮想児童ポルノの合憲性については重要な問題となっている。2002年のAshcroft対Free Speech Coalitionの判決において最高裁判所の過半数は実在しない或いは特定のできない児童を活用した仮想児童ポルノを[違法化するのは]憲法に抵触するまでに規制範囲が広すぎるとして1996年の児童ポルノ防止法の一部を違憲として退けた(ii)。米国の司法は次のように発言している「仮想児童ポルノはその本質のおいて児童の性的虐待と関わらない。米国行政府は実際の児童虐待が画像によって引き起こされるとしているが、両者間の因果関係は設立し得るも絶対ではない。虐待は表現の後に確実に起きるのではなく、なんらかの犯罪行為に及ぶ可能性を孕む資質に依存する物である」。見立てによっては擬似写真が問題の認識をより困難にさせ、虐待の構図の理解を妨げるものであると言及する声もあるかもしれない。たが、虐待は個別の児童に向けたものでなければ設立しないという訳ではない。児童の性的搾取を廻る危惧はここにおいて発生するのである。児童虐待画像の配布と所持を廻るほとんどの立法は、自意識持たぬ被害者に害悪が及ぶ事実に基いており、キング(iii)が指摘するように流布される虐待画像の増加によって児童が虐待の対象として見立てられる可能性が高まるかもしれない。

2003年、テイラーとクエール(iv)は以下のように書いている――「擬似写真[実在しない児童を写実的に表した画像]とは構築された画像であり、非常に精巧な技術力を運用して巧妙に制作された物が多く、デジタル再構築技術を活用し、実在しない人物や実際には発生しなかった出来事を捉えた写真ではなく画像を創造する事である。即ち女性の身体の頭部に子供の頭の画像が当てはめられ、身体の特徴が子供らしいように(乳房が縮小、または削除されたり、陰毛の除去など)操作されるのである。」数年前までならばこのような作品を作る技術的敷居が高かったが、今日ではそうなくなっている。Adobe社のPhotoshop[2]らの台頭により、ほとんどの誰もが複雑なデジタル操作を駆使した画像を作成できるように至っている。コンピューター補助を伴ったアニメーションや3DCGがより簡単且つ誰にも手が届きやすいようになれば、コンピューター画像によってのみ構築された動きを伴う児童ポルノ[偶像児童ポルノ的アニメーション]が増加するという予見は現実となったが、この展開がこれらの画像の配給の広がりにどのような影響を与えたかははっきりしない。

これらの画像を制作している筆頭に日本があり[巻末訳者補足を参照]、同国は巨大なマンガとその他のアニメーションの[形態を活用し作品の]市場があり[3]、それらが性的搾取であると信じる人間は少なくない。2008年に英国の新聞、ガーディアンに掲載された記事が示唆するに、日本の5000億円漫画市場の大きなの割合を性的露骨作品が占めており、それらの多くは女学生や子供っぽい大人が強姦されたりサドマゾヒズム[加虐被虐性愛]行為に耽っているものであるとしている。更にこの記事が示唆するに人気漫画ジャンル、ロリコン――日本語において「ロリータ・コンプレックス」のスラング――作品は検討中の児童ポルノ所持禁止の規制範囲には含まれないだろうとしており、その理由として「なぜならこれらを違法化することは表現の自由に抵触する可能性があり、これら作品で自らの性的欲求を発散している男性達をより甚大な性犯罪へと駆り立てるとして国会議員達は懸念している」としている。日本の警察庁のバーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会の最終報告書(v)では流通されている漫画、PCゲーム、アニメの中には18歳未満のみならず小学生年齢の児童に対する性的虐待画像を含むものがあるとしている。これらの画像の中には児童が性交しているものや複数の成人男性に輪姦されたり、暴力的や屈辱的性行為を強要されたりするものあり、また児童らがこれらの行為を楽しんでいるかのように示唆している。更に、このような画像を表紙に飾った書籍物がある。

同報告書によれば、コンピュータソフトウェア倫理機構及び日本ビデオ倫理協会ら団体によってある程度の自主規制がされているが、これは総ての商品に及んでおらず、その中には児童性的虐待描写を含むアニメ作品もある。更に憂慮すべき点としては(ほとんど規制されていない)インターネットを通してハードコピー図書[データ上のみに存在するのではない通常の印刷された図書]が販売されていると同報告書は示唆している。「2006年11月に警察庁が行なった市場調査によれば、成人向け漫画図書やその他類似商品を広範囲に取り扱っているとある有名なインターネット書籍小売サイトにおいて成人向け漫画図書9000タイトルのうち、約30%が児童性的虐待描写を含むものと推察され、小学生特有の鞄[ランドセル]などが表紙に掲載されている事から、未就学児を性行為の対象とする作品が多数市場に流れ出ていると予想できる。更には児童性的虐待を含む漫画書籍の全体規模はPCゲームやアニメ作品よりも大きいと信じられる。…また、未就学児と思われる児童を性行為対象と描写した五つの個別の漫画書籍が六つの有名なインターネット書籍小売店総てで販売されているのが今回の市場調査に於いて確認できた」。2005年に週刊文春に掲載された記事(vi)において、とあるゲーム販売店舗の店員はインタビューの中で次のように答えている――「少女を描写するゲームには二つの流れがあります――片方が純真無垢な女の子とのラブストーリーで、もう片方が非常に暴力的で、プレイヤーは女の子を性的にコントロールし、調教する物です。とある人気のゲームでは『射精ボタン』があり、これを押すとプレイヤーは女の子に精液を掛ける事が出来ます。」日本といった国でこれらが生産されているも、世界中の人々によって消費されている。2008年にバーツが書いたオーストラリア違反者についての報告(vii)によれば、捜査側は特定できる[刑事事件]50件の内、10件において発見された児童搾取物についてこと細かく説明している。とある捜査官は次のように証言している「そのコレクションのほとんどは日本からのカートーン[アニメ・漫画]画像でした。大人や他の児童と性行為に及ぶ児童を描写した非常に生々しい絵です。一部のカートーンは暴力的で、拘束されている児童や自分のおかれた境遇を嘆いているように描かれた児童もありました。カートーンの中には母親と父親、両方と近親相姦を行なっているのも含んでいました。(同報告書p.24より)」

これまでに報告された通り、日本以外においては写真を含まない児童性虐待を描写した視覚的表現物の所持を違法化する試みが各国で進められている。これについて英国では2007年4月より公式なコンソリテーション[4]期間が設けられ、同年6月に終了。この以前に内務大臣配下のインターネットから児童を守る対策本部内の刑法担当班は児童及び児童らしきキャラクターの性的虐待を露骨に描写したコンピューターによって作成されたCGI、絵画や漫画・アニメの問題について検討している。コンソリテーション報告書ではこれらの画像の作成において実在する児童に危害が及ばない事を認めつつ、技術的進歩によってこのようなものが入手しやすくなっているのを鑑み、このようなものの所持[を許容するの]は危惧に値するとしている。コンソリテーション過程におけるパブリックコメントをまとめた概略において、何がポルノ的であるかという定義付けが困難を極め、不明瞭であると答える声が多くあったのが指摘されている。また更に、「アニメーションの絵柄に於いて様々な年齢層を象徴する要素が自由に混ぜ合わせられる」点が指摘され、[登場人物の]年齢の判断が主観に基くものとなり、法律上でそれを見定めるのは不可能であると危惧する声も取り上げられている。イギリス政府はこれから法整備を進め、新たなる違反行為[を制定する規定]を計画している。擬似児童ポルノや仮想児童ポルノの違法化への反対派は、製作過程において実在する児童に危害が及んでいない以上、これらのものは児童ポルノの枠組みに含まれるべきではないと訴えている。児童の性的虐待を防止するという目的に基く歴史的背景から児童ポルノの制作が違法化されている以上、擬似画像には実際の虐待が関わっていない故、違法化されるべきではないとしている。確かにこれらの規制に異議を唱えるアメリカ自由人権協会ら団体は人々の思考はプライベートな思考であり、擬似児童ポルノの違法化は表現の自由に抵触すると訴えている(viii)。しかし2006年にオズウェルはこれに対抗する次のような重要な立論を行なっている(ix)――「仮想(ヴァ-チェル)画像の証拠的価値は実際の[出来事を捕らえた]画像とは異なるが、(それ故に[両者を廻る]警察捜査の手順と刑事追及に差異はあるが、)とある画像が特定の児童性的虐待事件に結びつける立証が可能になるまでは、インターネット上の総ての児童ポルノは現実の物と捉える事が出来る。この観点に於いて、もっとも危惧すべき懸念は画像の他人に対する影響ではなく、画像に中に含まれた[弱者強者の]力関係の内包した描写でもなく、イメージの仮想された証拠性にある(即ち、画像自体に、そして画像とは独立して成り立つ、両方の客観的現実性を引き出せる画像の能力。)仮想画像の倫理的強烈さは、自らに含まれた描写を通り越して他方の情景に訴えることの出来る能力にある[5]」(ix、p.285より)。更にオズウェルは(現実と仮想両方の)児童ポルノの所持、制作、配布は特定の児童に対する犯罪に留まらず、総ての子供に対する犯罪行為であるとしている。「それは総ての児童期に対する犯罪である。」(ix、p.252より)

仮想だろうがなかろうが、児童ポルノの所持、そして制作と配布行為は特定の児童に留まらず、総ての子供に対する犯罪行為であると我々は訴えます。

i – Gillespie, A.A. Sentences for offences involving child pornography. Criminal Law Review, 2003, 80-92
ii – Quayle, E. Internet Offending. In D.R. Laws and W. O’Donohue (Eds.), Sexual Deviance. Guilford Press. New York. 2008. pp. 439-458.
iii – King, P.J. No plaything: Ethical issues concerning child pornography. Ethic Theory Moral Practice, 11, 2008, 327-345.
iv – Taylor, M. and Quayle, E. Child Pornography: An Internet Crime. Routledge. Brighton. 2003.
v – External Experts Study Group on Protection of Children from Harmful Effects of Virtual Society. Kodomo wo Seikouito no Taisho to suru Comictoni ni tsuite (Comics containing images of sexual abuse of children). In Final Report on the Protection of Children from the Harmful Effects of Virtual Society. Saishu Hokokusho. 2006. pp. 21-26.
vi – Shukan Bunshun. Yoji Rape Bon ga Bakaure suru Saishin “Lolicon Jijyo” (Lolita: The Latest Situation – Comics with Child Rape Images on High Demand). Weekly Bunshun, 15 December 2005, p. 30.
vii – Baartz, D. Australians, the Internet and technology-enabled child sex abuse: A statistical profile. Australian Federal Police. 2008.
viii – Taylor, M. and Quayle, E. Child Pornography: An Internet Crime. Routledge. Brighton. 2003.
xi – Oswell, D. When images matter: Internet child pornography, forms of observation and an ethics of the virtual. Information, Communication and Society, 9 (2), 2006, 244-265.

訳者注釈
1 – 2007年にEU欧州評議会が締結した『子どもの性的搾取、性的虐待からの保護に関する条約』の第6章第20条において各国が違法化すべき児童性的虐待・児童ポルノを廻る行為や物品が羅列されている。第20条第3項において「児童を真似た表象物や実在しない児童の写実的な画像だけで構成されたポルノ的作品」に対して第20条第1項の中に規定された「a.児童ポルノの製造」及び「e.児童ポルノの所持」の違法化適用については各国の判断に委ねられている。

2 – 米国Adobe社の開発したコンピュータープログラム。主に写真加工を目的とした業界標準的なソフトウェア。1990年に開発、1994年にウインドウズ版登場。

3 – 作者はマンガとアニメーションの垣根を上手く把握しているとは言い難く、おそらく「漫画と漫画絵柄のアニメーションとその他に絵柄のアニメーション」と言い表そうとしていると推察される。ご存知の通り、漫画とアニメショーンは多種多様な絵柄・作風を含むメディア(表現発表手段)であり、特定の絵柄に縛れていないのだが、この作者にはマンガには特定に絵柄が筆頭にあると思われているようである。

4 - イギリスを始めとする旧連邦圏で定着している法案・政策を公的に検討協議する制度。公式な発表の後、民間などからの反応や意見(パブリックコメント)を募り、有識者を交えた研究委員会での討議を交えて協議書が準備され、政策決定に組み込まれる。

5 – 「見る者に画像が描写している情景が画像の範疇外に存在すると訴える事が出来る能力」と言い換えることが出来ると思われる。

訳者補足
– 本文に於いて「これら[存在しない児童を扱った未成年登場人物を含む擬似写真やCGアニメを駆使した児童ポルノ的作品]の画像を制作している筆頭に日本があり、同国は巨大なマンガとその他のアニメーションの市場があり、それらが性的搾取であると信じる人間は少なくない。」としているも、実際には日本で制作される成人向けアニメーション・漫画商業作品の絶対的大多数はコンピュータ3Dモデルを活用するCGに依存せず、手書作業が基礎行程にあり、「写実的」とは言い難い絵柄によって構築された作品が大多数を占めている。コンピューターを活用したデジタル画像データ操作で生み出されるコラージュ画像(通称「コラ」)はインターネット上に存在するが、それらを商業的に販売している例は日本では非常に希薄である。更に、非現実的なまでに可愛さを強調した「萌え絵柄」が全盛の今日の日本に於いて、写実的ポルノCGアニメ作品はかなりの少数派であるという分析は専門家に至らずとも、日本のアニメ・漫画の市場を見て廻ったことのある人間ならば容易に行き着く結論である。

Posted in child pornography, harmful material, Japanese, news coverage, public morality and media, research, translation and intercultural issues | 2 Comments