Monthly Archives: November 2018

誰のための表現の自由か

[この文章は2018年11月にツィッターで連続投稿したを内容を補足・編集・改訂したものです] 表現への許容の度合いは様々でについてあなたを取り巻く基準は世界共通ではない。同じ国の中の中でも様々な基準がある。法令で規定されている範囲は飽くまでも法令の基準だが、なるべく明確に・なるべく公平に・なるべく表現の自由と個人の尊厳が守られるように設計するのが理想だ。運用とは別の理念である。 表現の自由を守る理由は色々ある。政府の腐敗や暴走を止める為、文化・芸術・科学の発展を阻害しない為、報復を恐れない議論を可能にし、表現の平等性を保全し発言者の人権を損なわない為。守る理念は人気に擦り寄る為ではなく、万人にとって常に居心地のよい景観作りをするためではないと私は考える。 個人が安心に感じられる環境作りは重要だが、特定個人の主観的安心感を他人の感性を上回るまでに優先させるのは危険極まりない。「社会的、道徳的、公序良俗の違反である」としてこれまでどれだけ色々な個人の尊厳が蔑ろにされてきたことか。その例はあまりに広範囲であり、恐ろしく多い。 私は社会や個人を尊重する公共性の構築と表現の自由の共存は可能であると考える。歴史的な町並みに建てられる物件は外装保守的でも、内装はいくらでもはっちゃけてもよいだろう。これを情報共有の場において可能とするのがゾーニングであり、メディア・リテラシーだ。 気に入らない内容に直面したとき、我々は表紙を閉じる・チャンネルを変える・視線を逸らすことができるのだから。 よく「子供がみたらどうなんだ」や「フィクションでも心が傷つく人がいる」という主張を論拠にした発言がある。一見、これは弱者や被害者への配慮を重要視すべき、という誠実で慈しみに溢れる素晴らしい意見に聞こえるが、冷静に分析すれば論理的に破綻しておりパンドラの箱をあけるのに相当することを気付かされる。 残念ながらこの世は子供にとって危険な世界であり、自由意志を取り払った個人の行動を完全に管理する社会と技術がないと是正できない。 我々の命の源である太陽も数秒直視するだけで視力を奪う。なくてはならない水もタライに張ることで溺死を誘発できる。樹木も登れば高さによっては落下による怪我か死に至る危険極まりない構造物だ。 しかしだれも太陽を無くせ、水を制限しろ、樹木を全て伐採せよとは言わない。言うべきでもない。 危険な世界の中をうまく立ち回る知恵と知識、分別と成熟性を備わるまで我々は子供を適切に見守り、成熟した人間に育てるしかないのである。 成熟した人々同士のやり取りを前提とした社会生活を、分別つかぬ子供にあわせて全て組み変えるべきとはわたしは思わない。三輪車に乗る子供と大型トラックが同じ道を走るような交通法規の構築やインフラの整備は無茶な話である。 「フィクションでも心が傷つく人がいる」ついては申し訳ないが、アレルギー持ちの人間として言わせて貰うと「私のアレルギーを論拠に他人の食事を違法化すべきか」につきる。私は特定の食べ物の食べると命の危険があるが、だからと言ってそれを他人に押し付けない。摂取するモノを気をつけるしかない。 わたしにとってアレルゲンであるものも他人にとってはおいしい食事であり、趣味趣向なのだ。 アレルゲンが市場を媒介して流通するのに不満があるかもしれないが、市場は万人それぞれの需要・嗜好を満足させるために存在するものである。スーパーにアレルゲンがあってもスーパーを潰せとは誰も言わない。 確かに創作物には細かいアレルゲン表記はないかもしれない。成人向けゾーニングや多種多様なジャンルが介在する日本こそ人々の多様性に準じた多種多様な趣味趣向を満足させられる豊かな市場といえるのではないだろうか。 また創作物は概念上の存在であり、読解力がないとその情報の伝達は設立しない。受け手側がその存在を認識しなくても摂取すれば発作症状を起こすアレルゲンとは程遠い存在だ。逆を言えばどのような人畜無害な創作物に対しても嫌悪感を起こす方々はいるかもしれない。手の影を見て蜘蛛が見える人もいるのだ。 しかしそれでは全ての人間に合わせてそれぞれ別個の情報開示が必要となる。これでは基準作りが成立しない。結局は「摂取するモノを気をつけるしかない」としか言いようのないである。 もしろん、それらに対して不満を露にすることは制限すべきではない。しかし自らが不快感を感じるのを理由に他人もその不快感を共有するのは当然であるというのは行過ぎた配慮の強要だ。 あなたの基準とあなたを取り巻く基準は世界共通ではないし、歴史的にも一定ではない。人は変わる、社会は変わる。表現規制の大義名分は崇高かもしれないし、恐ろしく下らないかもしれない。規制や基準が裸の王様であると指摘するとあなたを叩く人が出てくるかもしれない。そこまで予想できるであろう。 しかし規制や基準に対して異議を唱える際に応援する人も確実にいる。表現者の場合はそれは読者であり、視聴者であるかもしれない。だが中には規制を求める相手が憎いという理由が先走って、過激な発言や行動を繰り出す人も出てくる危険性を意識しないといけない。相手が過激だから自分も!は不毛だ。 あなたはたくさんの方々に支えられて生きている。しかしあなたの理念や思考はあなただけのものだけ。他人を意識するのは大事だが、自己の確立を放棄しないで欲しい。規制を巡る論拠は絶対的正義とか世界共通の倫理とかに関連することはむしろ珍しく、往々として自分の居場所作りに終始することが多い。 表現規制や表現の基準は自己決定権や個人の権利、尊厳に直結するが、それがあなたの全てではない。だれもが安心して安全な自由な表現の市場は絶え間ない支援と連携の上で成立っている。それを意識し、出来る範囲でその環境整備に貢献しよう。でもその努力に自分を見失ったら意味がないから気をつけて。

Posted in censorship, harmful material, Japanese, public morality and media | Leave a comment

萌え絵の違法性

日本においてアニメ的な配色と大きな瞳や可愛らしいとされる記号の組み合わせで構成された、いわゆる「萌え絵」が社会的に広まったのは21世紀に入ってからでしょうか。それ以前からもマンガやアニメは広く市民権を得ていましたが、アニメ・マンガ文化のサブカルチャーともいえるかもしれない美少女・BL系分派がサザエさんやドラえもんなどの作品群と肩を並べる世界に近づいたといえるのかもしれません。 さて日本国内から「日本の萌え絵は性的な要素が強く、直接エロ描写がなくても海外では児童ポルノとして捉えれるからよろしくない」や「萌え絵があまりにも広く社会的に浸透している。海外から嫌悪感どころか場合によっては違法なコンテンツなのだから身の丈をわきまえてもっと大人しくあるべきだ」という主張が2018年にちょくちょく見かけられるようになった気がします。 キズナアイをはじめとするVtuber(バーチャルYouTuber)が社会現象として話題になりはじめてからこの話題は加速しているように思えて仕方ありません。 しかしながら日本のアニメ・マンガにおいて大きな地位を占める「萌え系」が海外では社会的に不謹慎とされる主張や表現の自由の保護に入らないという主張には同意できません。制限速度を超える速度をだせる車の話を持ち出して「車は違法」というような主張に思えます。そもそも海外での規制基準は非常に多種多様なので一括りで論じることは事実誤認や歪曲へとつながりやすいと思います。 まず欧米の基準を持ち出す時には「欧米」の概念を考える必要があります。 アメリカは表現の自由を最大限保証する国として有名で、アメリカでは許容されてもカナダやドイツでは違法とされるような表現物が多々あります。 欧米諸国はは民主主義・市民生活の保全・個人の権利の保護という理念で共通点が多いと言えるでしょう。しかし、具体的にどのようにその理念を守るかについてはさまざまな取り組みを模索し続けています。国によっては驚くほど寛容ですぐ隣の国では極めてきびしかったりします。 つまり「欧米の基準」「先進国の基準」を持ち出すことは曖昧極まりないと思います。 このような欧米各国の異なる取り組み方を意識するのに加え、長い歴史的観点と多様な視点を垣間見れる鳥瞰図が大事である私は考えています。さらにはどの国にも複数の異なる基準が並列し、共存していることを忘れていけません。 さて、ここでアメリカの基準に焦点に当てたいと思います。世界で非常に影響力のある米国の表現規制や視点ですが、次の四つに大別できると思います: (1)連邦法や州法の条文基準と判例 (2)FBやTwitter等ユーザーコンテンツ共有プラットフォーム利用利用規定の基準 (3)特定のコミュニティで受け入れられた基準 (4)個人・団体が提唱する基準 ―これら全部別々です ■(1)連邦法や州法の条文基準と判例 まず(1)ですが、米国は日本と猥褻の取り扱いが大きく異なります。日本では赤裸々な性描写において陰茎と女性器に対して程度の修正を加えれば、題材やその描写の傾向など、作品の内容についてはほぼ一斉に不問とされ、当局から追求されません。これは日本国刑法175条にそのように定義されてからではなくて、猥褻図画に該当嫌疑としての当局の運用基準です。不平不満が多い基準とは思いますが、ある程度までわかりやすいのは否めません。 ときどき書き換えられるのが本当に困りますが。 しかしながら、当局が問題視して警告・逮捕・立件したとしても裁判所で結審されなければ猥褻とは認定されません。日本は米国に比べると警察と検察当局による立件基準はかなり保守的で、法廷で当局の立件が無罪と結審となるケースは少ないです。(ただ、ここ近年増えている印象はあります。) 一方、米国では猥褻は陪審員の結審によって認定されます。日本のように判事ではなく地方に根ざした陪審員が自らの価値観に導かれて違法性を考えます。市民の基準が地方地方によって大きくことなるのが特徴的です。このため、AVの撮影がロスに集中しているなどの現象が発生します。 確かに米国は想像上の未成年の性描写の違法化を1990年代から模索しています。 しかし2002年に米国最高裁はヴァーチャル児童ポルノを違法化を試みた1996年のChild Pornography Prevention Act(児童ポルノ防止法)に対して違憲と言う判断を下しました。しかも9人いる判事が6対3という割合で違憲と認定した事は当時随分話題になりました。この時に最高裁は色々な観点から実在する未成年者を含まない児童ポルノを全面禁止するのは過剰であると指摘しています。 ・同法律は表現の自由が保障されている猥褻ではない表現も違法化している。 ・児童虐待を伴う実在児童ポルノは児童の保護と福祉を踏まえ、表現の自由が守るべき範囲には含まれない。だが、児童虐待を伴わない偶像児童ポルノに同じような「表現の自由を上回る公共の福祉性を優先する必要」は当てはまらない。 ・偶像児童ポルノと実在児童を巻き込む性的虐待犯罪行為の間に明確で直接的因果関係が認められない。 ・実在児童ポルノが違法である最大の理由はその内容ではなく、その製造過程にある。 ・犯罪に使われるかもしれないという可能性だけで、それ自体が無害であるモノ・合法的に制作されたモノを違法化するのは過剰である。 ・違法行為を促がしかねないという理由だけで表現を規制することは過剰である。市民の私的思考を望ましい方向に向けるために法規制するのは不当である。 ・偶像児童ポルノが実在児童ポルノの制作を促がすという論拠は脆弱であり、実際には取扱に非常に厳しい処罰規定が伴う実在児童ポルノを偶像児童ポルノが市場から駆逐する可能性がある。 この2002年の最高裁の判決に不満を持つ人は数多く居ました。半年もしないうちに新たな法律が連邦議会で可決されて、2003年にブッシュ大統領の署名をもってProsecutorial Remedies and Other Tools to end the … Continue reading

Posted in bureaucracy, censorship, child pornography issues, harmful material, Japanese, public morality and media, research | Leave a comment