The Good, The Bad, and The Ugly Truth

I recently contributed an opinion piece for the Comic Book Legal Defense Fund’s website regarding how access to Barefoot Gen, one of the most important manga ever written about the atomic bombing on Hiroshima and the Pacific War, was restricted in Japanese schools.

You can read the full article here.

The good news is that the restriction has been lifted.

The bad news is that some people seem to have reached some radical and unexpected conclusions from this debate.

For example, the Sankei Shinbun newspaper featured an editorial that claimed that depictions of brutality performed by Japanese soldiers against civilians in China will instill “acceptance for the atomic bombing” within the malleable minds of children, and therefore restricting access was warranted.

True, Barefoot Gen does talk about war crime conducted by Japanese soldiers, however that subject does not come up until the story progresses considerably, as in multiple volumes worth of narrative. Barefoot Gen starts off with the atomic bombing of Hiroshima in the first volume. Talk about brutality of the Japanese soldiers does not come up until the war has ended and a lively debate rages well into the turmoil of the post-war debacle of Japan.

Sankei Shinbun’s logic would only hold water if the manga first depicted  “evil Japanese soldiers conducting brutal crimes,” followed by American leaders regretfully deciding to drop the bomb on Hiroshima, Japan to stop the carnage in mainland Japan.

I admit. This logic still doesn’t make sense.

The editorial further claims that Barefoot Gen is utilized by teachers in their pacifist agenda, and they are worried that children would be forced to read the manga. This point is completely unrelated to the restrictions that were implemented. Even when the restrictions were in place, teachers could select the books as reading material for children, so this argument is completely beside the point.

At the end, the editorial decry how the books written by authors of a nationalist textbooks were destroyed by certain library workers, and therefore unrestricted access to books must be preserved within a democracy.

You can imagine the expression on my face when I read this passage.

The logic being presented in this editorial could only make sense if you accepted the notion that certain historical and educational prerogatives were somehow just beyond reproach while others were not and therefore does not deserve equal protection. Restricting access to Barefoot Gen is OK because their contents run contrary to your viewpoint, but restricting access to books by nationalists are bad because they agree with you.

The fact is some people have no qualms about restricting free speech because it might instigate debate they wish to avoid. Sankei Shinbun’s editorial reveals how logic can be bent to look like a pretzel in its author’s zeal to push forward their agenda.

Speaking of agendas, deputy prime minister Taro Aso joined into the fray by stating that “Barefoot Gen should not be banned, but there are manga for adults that should be banned.”

Mr. Aso is known for making statements that are, at the very least, rather loaded or worse yet, outright offensive, but he has also shown times when he is rather loose in his train of thought.

Just in case if you doubt if this outburst really came about or not, here and here are some sources.

Deputy prime minister Aso is known as a fan of many manga, but it appears that he does not really appreciate how all works should be protected equally, and this is exactly the reason why it is dangerous to talk about a work’s worth as a condition for protecting its right to exist.

Freedom of expression is not an earned privilege. Whether or not you agree is not grounds for limiting one’s speech, especially in the case of fiction.

Posted in censorship, harmful material, news, public morality and media | 2 Comments

兼光夏コミ情報

どうもです。今年の夏は色々やっています。商業のお仕事は別として、夏コミでの活動報告を簡単にさせてください。

1)小生の主催している陸戦ウィッチを愛でる同人サークル「第8装甲連隊」から『獅子の魔女2』その他を発行します。詳細はこちらです。

2)野上武志さんのオリジナルマンガ『蒼海の世紀14』を翻訳しました。去年のイギリス取材が色々反映されていますよ。詳細はこちらです。

3)甲冑娘さんの夏コミガルパン関係の新作に寄稿させて頂きました。他にも色々口出ししてご迷惑お掛けしました。詳細はこちらです。

4)同人ゲーム『ガールズパンツァーブリッツ』のお手伝いをしました。夏コミ二日目、当サークルからも委託販売します。詳細はこちらです。

5)マンガ論争の最新作に寄稿しました。ブログからの再掲載もありますが、一部アレンジしたり、書下ろしもあります。詳細はこちらです。

6)コミケット二日目で通訳します。コミック弁護基金のブラウンスタインさんの講演が会場で見れますよ。詳細はこちらです。

7)いわゆる「四日目」にまた通訳します。「まんが文化の自由を考える国際シンポジウム」。アメリカのコミック弁護基金と全米反検閲連盟のタッグ。これはすごい事になりそうです。詳細はこちらです。

よろしくお願いします!

 

マンガ文化の自由を考える国際シンポジウム

Posted in news | Leave a comment

第8装甲連隊のC84情報――『獅子の魔女2』その他

夏のコミックマーケットでの出物のご案内です。

「第8装甲連隊」は夏コミ二日目、日曜日のニ-53aにて次の同人誌の販売を予定しています。

●『獅子の魔女2』 72ページ 1000円

01cover_layout(promo) copy30

北アフリカで戦う陸戦ウィッチの世界を追求した最新作です。今回は水無月十三さんをお招きして獅子の魔女を続編を用意しました。『獅子の魔女 第二章:月下舞踏会』をよろしくお願いします。

17cropart1copy20 02cropcopy20 36cropart4copy20

キュレナイカ奪還作戦の一環として戦うキュンメルたちがかなり高飛車な航空ウィッチと出会います。北アフリカに転属してまだ間もないマルセイユとキュンメルたちが合同で大型ネウロイに立ち向かうお話しにご期待ください。

この他にも定番の「陸戦ウィッチの世界」と北アフリカ戦線メカコラムも健在です。さらに今回はマンガも増えました。逢摩文七朗さん、高永浩平さん、Type90さんからご提供いただけました。

46-lbs1 47-lbs2

60crop-type90copy20 62cropoumacopy20

執筆陣は順不同で水無月十三さん、兼光ダニエル真、土代昭治さん、高永浩平さん、京極しんさん、Bachさん、A士さん、逢摩文七朗さん、南条飛鳥さん、もずさん、Type.90さん、Qさん、長谷川竹光さん、サンクマさん、蒔野靖弘さんと続きます。

45cropkyogokucopy20 panthercropcopy20

●『ウィッチ・プロフィールズ』 24ページ 300円

wp20130811_wide

会場限定で販売しています『ウィッチ・プロフィールズ』。今回でキュンメル隊の面子が全て揃いました。ページ数が増えてこのお値段になってしまいましたが、どうかお許しください。

02-kuemmel_th 22-Cramer01_th 18-Zimmer_th 08-Peters_th 10-Heinrich_th 13-chart2_th

この他にも既刊の
●『獅子の魔女~外伝』
●『海辺のサファリウィッチたち』
――も持ち寄せます。

また野上武志さんの北アフリカシリーズの一部の既刊を第8装甲連隊で販売します。野上さんのブースでは入手できない予定なので、お気をつけください。

それでは、会場にてよろしくお願いします!

最後の本編小説の一部をお送りします:

 荒涼とした平坦な砂漠は静寂に包まれていた。IV号装甲脚に内蔵されたマイベー魔道エンジンの出力を抑えているのも手伝い、エンジン音はあまり木霊せず大地に吸い込まれる。
 三人の進む砂漠は砂が少なく、乾燥してカチカチに固まった土と岩の上に砂利と埃の薄い皮膜があるだけだ。砂漠というよりどこまでも平らな荒地である。
 空には満天の星空が広がっていた。午前零時、月は東の地平線から抜け出たばかりで、大地に奇妙な青白い光が染み渡る。
 徐々に天に昇る月の光景を楽しむクルシンスキー。本来、夜襲は新月の方が都合が良いが、月は満月を過ぎたばかりでまだまだ眩しい。しかし三人は対策は講じてきているのでそれほど気にしてなかった。
 クラーマーが先行し、キュンメルに続くクルシンスキー。
「うわぁ……」
「どうしたの?」
「あ、うん。なんでもないよ」
「フッ、大方見わたす限りの煌めく星々に目を奪われたんだろう」
「ハ、ハハ」
「もう、すこしは緊張感を持ちなさい。でもまあ、圧倒的な夜空ね」
 三人ともこれほど多くの星を満喫するのは生まれて初めだった。見晴らしが良いのに周りに街灯や町の光も無く、人里から遠くはなれた清んだ空気に囲まれていると普段はまったく気付かない明るさを夜は誇るのだ。
「さ、後少しで最後の小休止を取ろう。時間があるから仮眠をとってもいいぞ」
 取り出した地図をポケットに収まめつつ、クラーマーは普段に比べるとかなり優しい声で二人に話し掛ける。休憩しながらカプッツォで活用する装備を少々整理した後、一時間ほど仮眠をとる事が決まった。
 準備を終えて大地の上に横になるクルシンスキー。仮眠を取らなくてはいけないと知りつつも、彼女は興奮していて寝付けなかった。
 クルシンスキーは枕代わりに丸められたシートを使っていた。
 仰向けで大きく剃り返すと天地が逆転した光景が見える。明るい大地と煌めく星空を目の辺りにして彼女は雲の絨毯と小波で光る海を連想した。
 バルト海に面した親戚の家で一夏を過ごしたクルシンスキー。あの頃、父とケンカして釣りで時間を潰していたやんちゃがよもや北アフリカでネウロイ相手に戦う陸戦ウィッチになるとは、と彼女は一人物思いに耽る。
 クルシンスキーは陸戦ウイッチになったことを誇りに持っていた。彼女は空戦ウイッチを未練がましく思ったことは無い。華やかな航空ウィッチたちのことをうらやましいと感じても、それぞれ大変な事、面白い事、怖い事、楽しい事があるだろうと納得していた。
 それでもなお、クルシンスキーは空を自由に飛べたらと想いを馳せさせる。
 地表を滑るように動きまわるようのも楽しいが、伸び伸びと空の中で踊ってみたいという願望があった。
 今の戦争が終わったらそんな日が来るんだろうか。
 そもそもこの戦争は終わるのだろうか。
 わたしは生き延びられるのだろうか。
 やや深刻な問いが頭の中で廻り廻ってもクルシンスキーの心に不安は無かった。
 キュンメルと一緒で居られるならば、それらは全て些細なことだとクルシンスキーは片付けてしまっていたのだ。
 そんな彼女がキュンメルへと視線を移し、話を掛けようと口を開いたがすぐに閉ざした。
 キュンメルは優しい笑顔を浮かべ、口に指を立てていたのだ。
 見ればクラーマーがキュンメルの太腿の上に頭を横たわらせて寝ている。陸戦ストライカーに収まっていないキュンメルの軟らかい太腿を枕代わりにしているクラーマー。思わず嫉妬してしまったクルシンスキーは頬を膨らませて無言の抗議を明らかにさせた。

以上、本文をご期待ください。

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, Japanese, The Lionheart Witch | Leave a comment

サークル「第8装甲連隊」、2013年夏コミ『獅子の魔女2』発行の予定

告知が遅れて申し訳ありませんが、2013年8月開催のコミックマーケット84に当選しました。陸戦ウィッチを中心に活動中の当サークル、「第8装甲連隊」は夏コミ二日目、8月11日(日曜日)のニ-53aに配置されました。

日曜日、東地区「ニ」-53aです。

大事なことなので二回書きました。

新刊は『獅子の魔女2』の予定です!
長らくお待たせして申し訳ありませんでした。

promo01 copy30v2

今回も不肖、兼光が小説を担当しました。獅子の魔女1からの続編でして、第一次カプッツォ砦攻略戦が主な内容です。

『スフィンクスの魔女5』掲載の『カプッツォの魔女』の中でクルシンスキーが語った戦いです。マルセイユが登場します。この為の設定も用意しましたが、実際の戦いの内容は本編でお楽しみください。不満そうな顔しているには理由があります。

Marseille_specialeq_CDL_201304_th

今回、表紙と挿絵は水無月十三さんに担当して頂きました。水無月さんの硬質なタッチと抜き出た画力で予想外の世界が開けました。本当にありがとうございます。

表紙は水無月十三さんの線画を日野カツヒコさんが彩色してくださいました。以前からお願いしたく存じておりましたので、機会が設けられて本当に嬉しいです。

01cover_layout(promo) copy30

今回もまた高永浩平さん、A士さん、Bachさんが登場します。砲弾のお話とマチルダII戦車のコラムを書き下ろしましたが、甲冑娘さんのところで書いた戦車解説と被りそうで大変です(苦笑

またゲストもすごいですよ。南条飛鳥さん、長谷川竹光さん、京極しんさん、蒔野靖弘さんも登場です。

他にもゲストが複数登場しますが、詳細はもう少々お待ちください。

あと恐らく会場限定のウィッチ・プロフィールも最新版を用意できると思います。
キュンメル中隊の全キャラが確定したので大変な事になっています(汗
総勢

それでは当日よろしくお願いします!

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, Japanese, The Lionheart Witch | 1 Comment

We’ve always been at war with genitalia

今回のコアマガジンの逮捕劇については摘発の時点から色々情報を集めていました。複数からの情報筋から当局がこれまで黙認してきた「性器への部分修正」から「性器の完全修正」を要求し出したという知らせが入っています。

コアマガジン社のニャン2倶楽部については無修正に近かったのでまだ摘発はまだ納得できますが、コミックメガストアへの強制捜査はメガストア側に非があるというより、警察側がこれまで当局と業界の間で定着していた慣例を一方的に書き換えたから成り立つ極めて恣意的な刑法175条の運用としか言えません。

ここ10年近く、猥褻物頒布については18禁図書の場合は「カリ、クリ、接合部」の三点の修正が常識になっていました。「カリ」とは男性器の亀頭の淵で、「クリ」とは女性器の陰核であるクリトリス略してた呼称です。「接合部」とは性行為の接合部分、つまり女性器や肛門に挿入された男性器の接触している部分を指します。

コンビニに販売される非18禁ながらも成人向けの「テープ止め青年マンガ雑誌」に至っては性器を全て塗りつぶすのが常識でした。

しかし今回のコミックメガストアの摘発を持って両者の違いが崩壊しています。10年近くに渡って定着していた基準を後だしジャンケンで覆すこの状況を見て、私はとある小説のやり取りを思い出しました。詳細は分かりませんが、以下のような取調べを想像できます。

警察「我々はいつも性器の完全塗りつぶしを要求していた」
業界「18禁図書はカリとクリと接合部の修正で充分だったはず」
警察「そんなことは一言も公言してませんよ。性器は猥褻です」
業界「ならここ十年以上警察が実践してきた慣例は?」
警察「そんな慣例ありませんよ」
業界「ならばここ十年以上、カリとクリと接合部の修正以上を要求しない追及はなんだったのですか?」
警察「追及していなかったわけではありません。そちらが認知していなかっただけに過ぎません」

このやりとり、何を連想しますか?私は以下の文言を連想してしまうのです。

当局「我々はいつもオセアニアと戦争していた」(オーウェル『1984』より)

当局の主催する「憎悪週間」の途中で本国の交戦相手がイースタシアからオセアニアに突然変更されたことについて主人公が疑問を感じた時のやり取りです。

人間の身体の一部を辱める存在として貶めるような思想には大変な不満がありますが、今回の本質は違うところにあります。違法の基準を当局が突然勝手に変更できるというのが非常に怖いのです。

日本では刑法175条は猥褻の基準の線引きとされています。175条に引っ掛かればそれは猥褻であり恥すべき物であり違法であり関わった人間は犯罪者です。175条に引っ掛からないのであればそれは猥褻ではなく存在が容認される。この基準を当局がだれをどのタイミングで立件するか否かで全て掛かっています。なぜなら合法か否かのグレーのところで裁判所によって「これは合法」という判断が下るのを当局は大変嫌います。

本来ならば違法性の基準を市民にとってわかり易くした方が明らかに好ましいです。あらかじめ違法な領域に入らないように気をつけることが出来ますし、また違法行為を通報しやすいです。しかし刑法175条に至ってはまったく不可能です。

「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする(第1項)。有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする(第2項)。

ここには猥褻の定義は全くかかれていません。現在運用されている猥褻の基準は1951年のサンデー娯楽事件に最高裁が発表されたものから全く変わっていません。

「徒らに性欲を興奮又は刺激せしめ且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し善良な性的道義観念に反する」

「いたずらに」とはなんですか?「正常な性的羞恥心を害す」とは?「善良な性的道徳観念」とはなんでしょう?

少なくとも「普通人」にとって性的表現物の性器に黒ベタを乗せる事で減退する物とはとても言えません。

しかし実際警察はこうした基準を用いています。そしてその基準を警察は自由に変更する事ができるのです。

つまりやろうと思えばちょっとでもHな表現あらなんでもしょっ引けるというチート法規です。

もし当局が緩やかに解禁の方向性に向っているのだとしたらばこの法令も容認しやすいです。即ち、いきなり全部無修正にするのは問題だから徐々に解禁していくのに運用し、飛び出した表現を抑える。私はこのような運用方針は承服しにくいですが、業界側としてはまだ納得しやすいです。

しかし今回のコミックメガストア摘発にはこのような意図があったとは到底思えません。

まずコミックメガストアの修正は18禁図書物としては非常に無難です。カリとクリと接合部の修正に留まらず、複数線を活用していました。また性風俗が大きく乱れた、コミックメガストアが世間を騒がせた、コミックメガストアを読んで事件を起こした人間が居るなど良く活用される言い訳も一切表沙汰にされていません。

更にマンガ雑誌と実写雑誌を両方とも一緒に追及したのは明らかに「175条で何でもひっぱれるよ」というのを世に喧伝する意図が見え見えです。二つの雑誌を同時に摘発するのはあまり例がなく、もう一つの可能性を示唆します。業界の修正基準からやや逸脱しているニャン2倶楽部と業界の基準を遵守しているコミックメガストアを一緒に追及したのはわざと基準について誤魔化す為だったかもしれません。

ユーザーがクリック一つで無修正が気軽に入手できる現在、日本にどれだけ175条が厳しく運用しても、まったく運用していなくても市民の道徳感に影響はほとんどないでしょう。少なくとも直接的には。しかし出版業界に対してはその存在が当局のお情けで成り立っているというのを思い出させ、揺さぶりをかけることができます。時代を逆行するような刑法175条の運用は明らかに業界を狙い撃ちしているとか言いようがありません。

しかしこれはクリエーターと出版界だけの問題ではないのです。もし今回のコミックメガストアに対する当局の恣意的な刑法175条の運用を許せば、間接的に市民にとって大きな影響が及びます。即ち、刑法175条を経由して警察はいつまでも市民の性に関する倫理観の番人としての指図をできる状態が残るのです。

納税者・有権者は子供ではありません。そんな指図をする為に税金が無駄使いされるのはまっぴらごめんです。ツィッターで何度も申し上げて来ましたが刑法175条は百害あって一利なしです。今回の摘発でそれがはっきりしました。

「我々はいつも性器の完全塗りつぶしを要求していた」
「我々はいつも反社会的・異常性の強い性愛行為の排除を要求していた」
「我々はいつも未成年者の性描写の排除を要求していた」
「我々はいつも性的搾取や犯罪行為を交えた性描写の排除を要求していた」
「我々はいつも非現実的な身体描写の自粛を要求していた」
「我々はいつも健全な生殖行為に値しない性描写の抑制を要求していた」
「我々はいつも……」

Posted in censorship, harmful material, Japanese, news, public morality and media | 16 Comments

Quick Update: 1st CG Child Porn Arrest, Kanemitsu will be at SDCC

I’m sure you’ve all heard the news about the Japanese police arresting someone who was distributing and selling “CG child porn.” The news spread like a fire storm, so I won’t even link to it.

There’s a reason why this blog entry will be short. I’m leaving for San Diego Comic-con today, so I have a lot of things to do. I’m sorry abou how I’ve been slow to write more, but life and work has been very demanding lately. I’ll be working at SDCC but some of you might catch me there. I can’t say where I’ll be, so if you do catch me, consider yourself very lucky!
Back to the CG arrest. From the information I’ve been able to gather from various politicians and news reports (the best source so far has been the entry by Diet member Taro Yamada) is that the images in questions were essentially morphed images, “photoshoped” stuff. When most of us think of computer generated images, we think of images that were created inside computer from scratch. It seems this wasn’t the case here. The images were based off of photographs of real minors, and the re-arranged images still had a close likeness to the original images. So the aspect that these were “CG images” is not as huge an expansion in how child porngraphy is regulated in Japan. Current Japanese child pornography law thats that even images drawn by hand can be treated child pornography if a real minor can be identified as being the model and there is no question the image is a representation of real person and nothing other than that.

So just because something looks like someone else is not reason for it to be treated as being child pornography. The bar is set fairly high.

What is troubling is that the arrest took place a full FOUR YEARS since the images were made available. Either the police were not doing their job, or they were waiting for the best timing to scare people regarding the pending revision of the Japanese Child Pornography Law. In either case, this is quite troubling.

PS: I don’t read all the comments. I try to, but sometimes there are too many and I can’t keep up. I’m really sorry about that.

Posted in censorship, child pornography, events, news, news coverage, public morality and media | 9 Comments

Quick update: Bill to Expand Child Pornography to include Anime and Manga still on Table.

I am very sorry but I am very busy and unable to write about the recent developments regarding the Japanese Child Pornography Revision Bill. As I have written before, the bill has been shelves for the current session of the Diet that has just closed.

However, the bill has been placed on “deliberations pending” status, which means it has not been rejected. It simply means members of the Diet are urged to consider the bill while the Diet is adjourned. The bill has yet to be debated in the House of Representatives (the lower house of the Diet) Judiciary Committee, so any more formal proceedings regarding the bill will await the result of the election of the House of Councillors (the upper house of the Diet.)

Judging from the results of the Tokyo Metropolitian Assembly election this last week, where every single Liberal Democratic Party’s candidate won, the LDP has a good chance to win big in the next election.

If the LDP secures a majority in the upper house, it will make it very easy for the LDP to pass the current bill.

Posted in censorship, child pornography, news, nonexistent youth, public morality and media | 22 Comments