Category Archives: events

第8装甲連隊活動報告 サンシャインクリエイション58

どうもです。兼光です。 2月11日に池袋で開催されるサンシャインクリエイション58にサークル「第8装甲連隊」が参加します。 配置場所はA1ホールのI-12aです。 『獅子の魔女スペシャル~海辺のサファリウィッチたち』を発行します。 ウィッチの水着姿を見て士気を上げる本です。士気を上げるのが目的ですよ。大事な事なので二度書きました。 こう言った企画本も機会を見つけて積極的に出して行きたいと当サークルでは考えています。 今回はあかやま壽文さん、A士さん、高永浩平さん、長谷川竹光さん、Bachさん、水無月十三さんの皆さんにご参加いただけました。小生、兼光も考察コラムの書き下ろしを用意しました。 カラー表紙のコピー本で、本文はモノクロです。 それほど沢山の数は用意できませんのでご留意ください。 野上さんの『アフリカの魔女総集編』や『スフィンクスの魔女』の在庫やその他、親しくさせて頂いているサークルさんの委託を行います。 『獅子の魔女~外伝』と『ウィッチプロフィール(20130212)』も持ち寄せます。後者のウィッチプロフィールは会場限定ですので、もし冬コミに買いそびれた方には是非どうぞ。

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, events, Japanese | Leave a comment

第8装甲連隊2012年冬コミ(C83)ご報告、通販のご案内、サンクリ58当選

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 年始のご挨拶するにはかなり遅れてしまいました兼光です。 上の画像は『獅子の魔女~01』でご紹介したアラスの戦いのちょっと前でしょう。左からミルデ、ベッカー、キュンメル、クルシンスキー、トーゥロヴ、クルック、以上6人の第8装甲連隊の陸戦ウィッチがII号戦車の前で記念写真と撮ったところですね。ミルデは赴任してきたばかりで笑顔が硬く、一方ベッカーはウィッチとして元気良く活躍しているのが伺えます。全員II号装甲脚を装備していますが、大きさがちょっとまちまちなのは私の画力の拙さの表れです。本当はサイズは同じのはずなのですが、申し訳ありません。 第8装甲連隊が初めて申し込んで当選した同人誌展示即売会である冬のコミックマーケットにはたくさんの方々に来て頂けて大変恐縮しました。会場限定の本は正午過ぎくらいには売り切れてしまいました。真にありがとうございます。 冬コミにはなんとか二種類の新刊を用意できました。こちらとこちらで紹介している『獅子の魔女~外伝』については通信販売で入手することが出来ます。もしご興味あればメロンブックスさんかとらのあなさんまでお問い合わせください。 メロンブックス様 http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001058612_8soukou_gaiden.php とらのあな様 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/09/91/040030099145.html 会場限定の『ウィッチプロフィール集』ですが、定期的に更新したり追加ページを足す予定です。英語のタイトルのLionheart Witches Production Design Sheetsとしか表記していなくて申し訳ありませんでした。 最後にイベント参加告知を一つ。次回のサンクリに当選しました! 2013年2月11日、東京・池袋のサンシャインシティで開催されるサンシャインクリエイション58にて第8装甲連隊はA1ホールのI-12aへの配置となりました。 可能な限り新刊を用意したいと思います。また、第8装甲連隊と野上武志さんのスフ魔女・アフ魔女の既刊を少々持ち寄せる予定ですので、どうかよろしくお願いします。

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, events, Japanese, The Lionheart Witch | Leave a comment

『獅子の魔女外伝』入稿&一部抜粋

サークル「第8装甲連隊」のC83冬コミ新刊、『獅子の魔女~外伝』を入稿しました! 今回登場する新しいキャラクター紹介はこちらをご覧ください。 獅子の魔女シリーズの新作のタイトルは『熱砂の絆』。かなり波乱万丈な一日の出来事を書き綴っています。 本文100ページで、あさりさんのイラストが20点。小説60ページ+40ページのイラスト、ショートマンガ、解説図など盛り沢山です。陸戦ウィッチ好きなら一見の価値はあると思いますのでどうかよろしくお願いします。 小説+挿絵で総数80ページの『熱砂の絆』は兼光ダニエル真とあさりよしとおさんのコンビで、この他に高永浩平さん、Qさん、A士さん、飯沼俊規さん、野上武志さんType.90さん、紗汐冴さん、清水清さん、園田健一さん(順不同)にご参加頂けました。 C83冬コミ新刊『獅子の魔女~外伝』はサークル「第8装甲連隊」が販売します。コミケット三日目12/31、東6ホールのテ-32aです。あさりよしとおさんのサークル「新世界壮健社」と合体です。兼光もあさりさんも行く予定です。 当日、よろしくお願いします! 最後に一部サンプルを掲載しましょう。それではまた。  しばらくそのまま海で涼んだ後、三人は濯いだ服を手で絞ったりや空薬莢を転がして脱水するためにハンノーマのところまで戻った。 流石に裸のままでいるのに抵抗を感じたので、三人はそれぞれ服を一部身に纏った。正午近くになり、気温が日陰でも四五度を越えるような酷暑なので三人とも極めて軽装のままだ。 <略> ウィッチは一般人に比べるとかなりの温度差に耐えられるが、気温もさることながら眩しさもかなり酷い。三人とも大きめ防暑帽を被っていた。 「ふう、大体終わったわね。後は戻ったら適当な真水で塩抜きしましょう」 キュンメルが額から汗を拭きながら脱いだ帽子で顔を仰ぐ。 「今日はかなり暑い…… ん?」 空に視線を移したベッカーが何か気付いた。 「どうしたのー?……あ!」 ベッカーの見つめる北方の空で、白い軌跡が複数走っているのにアルバーズも気付いた。高度が妙に低い。 キュンメルはハンノーマの装具箱から双眼鏡を即座に取り出すと、そのまま運転席上の天板に昇り、空を凝視する。北西のバルディアの方角から伸びてきた白い飛行機雲の正体は三人の航空ウィッチだった。 「三機編隊!恐らくブリタニアの航空ウィッチだわ…… かなり速度出してるわね……」 アルバーズが使い魔の力を借りて耳と尻尾を生やし、耳を済ませた。 「中隊長ドノ!あの、右、見てください!えと、南東の方です!」 キュンメルが三つの白い軌跡の先からそのまま南東の方角に双眼鏡を向ける。虚空の中を有象無象の黒い点々が迫ってくるのが見えた。 キュンメルは双眼鏡の焦点を操作して迫る機影を可能な限り鮮明にしようとする。彼女が機影を判別できた時、二キロ程離れたバルディアの方から空襲サイレンが届くのが聞こえた。 「ネウロイ接近! 爆撃型<ボルンハーン>が6に護衛型<ケリドーン改>が8!方位・北西、距離10キロ強!」 キュンメルが少し緊迫した声で宣言する。 「どうしましょう、大尉!?これから宿営地に……!」 双眼鏡を下ろし、ベッカーの問いに済まなそうに答えるキュンメル。 「今からでは間に合わないわ。それに地上を移動していると空からの攻撃を引き寄せることになるかもしれない」 「でもこんな何も無いところに居たら……」 双眼鏡を再び目に当て、キュンメルは二人の部下に肝の据わった口調で語り掛ける。 「今はあのブリタニアのウィッチたちを信じましょう。さ、いつでも動けるように準備して!」 「はいっ!」 元気よく返事すると二人は即座に作業に取り掛かった。二人が準備をしている間、キュンメルが双眼鏡を覗きながら二人のために実況中継を続けた。 「三機編隊は海面スレスレで迫っているわ。高度を稼ぐ時間が無いって判断したのかしら…… きっと下から不意打ちをするつもりね…… どうやらここよりかなり北で遭遇することになりそう」 「たいちょー!ストライカーはどうしますか?」 「そうね、一応出せるように周りの荷物を退かしておいて」 「はーい!」 「今、擦れ違った!三機が上昇を始めたわ。すごい…… あんな急な切り返しなのに綺麗な編隊を維持してる……」 黒い侵略者たちは自分たちに脅威が迫るのを気付いていないのか無視をしているのか不明だったが、彼らの機影にはまったく変化がなかった。頭上から照りつける太陽にかまわずキュンメルは微動もせず双眼鏡を構えて実況を続ける。 … Continue reading

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, events, Japanese, The Lionheart Witch | Leave a comment

サークル「第8装甲連隊」2012年冬コミのお知らせ

2012年12月のコミックマーケットでサークル「第8装甲連隊」から新刊を発売する予定です。 場所はコミケット三日目12/31、東6ホールのテ-32aです! 今回は『獅子の魔女~外伝』の予定です。 ブリタニア航空ウィッチが出ます。 キュンメル隊の第三小隊が初登場。全員揃います。 魔力が不安定だったベッカーの秘密が露になります。 『熱砂の絆』は文章は兼光ダニエル真、挿絵はあさりよしとおさんです! ボリュームでは負けません。 また陸戦ウィッチの装備品については高永浩平さんの絵を交えた解説とA士さんの絵でSd.Kfz.251に焦点を当てます。     他にもゲストが複数登場しますが、詳細はもう少々お待ちください。 どうかご期待ください!

Posted in 8th Panzer Regiment (doujinshi circle), doujinshi, events, Japanese | Leave a comment

Answering the Sphinx – The Witches of the Sphinx Series Finale

Some important news on the Witches of the Sphinx series. I believe I’ve neglecated to inform you that volume 4 was released this last winter. Actually, a lot has happened since autumn. First of all, The Witches of Africa series … Continue reading

Posted in doujinshi, events, news | 3 Comments

イギリスにおけるレイプレイ事件とその社会的背景について [2009年6月初出]

日本のアダルトゲームの規制強化の引き金に大きな役割を果たした英国労働党のヴァズ議員ですが、その後2011年のロンドン暴動においてツイッター、フェイスブック、ブラックベリーなどSNSが大きな役割を果たしたとして規制の必要性をほのめかしていました。 http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-14931010 http://www.mediabistro.com/alltwitter/twitter-facebook-blackberry-skynet_b12856 今度は暴力ゲームは子供の脳に永続的な影響を与えるかもしれないから、親がクリスマス・プレゼントに暴力ゲームを子に買い与えるこの季節こそ、徹底した議論と検証が必要だと言い出してきました。 (日本語)http://www.gpara.com/kaigainews/eanda/2011120801/ http://www.gamepolitics.com/2011/12/02/uk-mp-keith-vaz-calls-debate-video-games-buoyed-indiana-university-research http://www.thisisleicestershire.co.uk/Leicester-MP-urges-debate-harmful-effect-violent/story-14019174-detail/story.html 良い機会なのでレイプレイ事件にヴァズ議員がどのような役割を果たしたか回顧してはいかがでしょうか。2009年に発表したものを再掲載しました。 尚、本文で触れているCoroners and Justice Billは可決しました。現在イギリスでは「例え成人の身体的特徴を一部備えていても、全体として18歳未満と言う印象を与える想像上の未成年者が登場する視覚的描写物において、ポルノ的に性行為などが、顕著に不快感を与えるまたは気持ち悪いまたは猥褻な形をとった(grossly offensive, disgusting or otherwise of an obscene character)表現」は所持も違法です。 (法律の全文)http://www.legislation.gov.uk/ukpga/2009/25/part/2/chapter/2 (分析)http://www.theregister.co.uk/2010/04/06/cartoon_law_live/ (抗議団体ホームページ)http://www.backlash-uk.org.uk/ しかし興味深いことにあまり施行されている話を聞かないのですよね。アメリカの1466A規定(連邦法刑法1466A規定「想像上未成年者の性行為の猥褻な視覚的描写」の違法化)と同じで「とりあえず気持ち悪い物を規制する法律を作るだけ作った。でもあまり真面目に運用すると面倒になるから、どうしても懲らしめたい人間で他に何も運用できる法律が無い時とか、偶に運用して見せしめ的に締め付けよう」という萎縮主旨の法律になっているのかもしれません。性犯罪者扱いされかねないような法律で人の表現を萎縮させるとは思想警察もいいところですが。 —- イギリスにおけるレイプレイ事件とその社会的背景について ― 兼光ダニエル真 ■ロングハースト殺人事件と過激ポルノ排除の気運 2003年3月に英国ブライトンで発生したジェーン・ロングハースト女性教師殺人事件において、容疑者グラハム・クーツが所持していた暴力的な性描写を含 むポルノ画像が犯罪を誘発したとして、亡きロングハーストの母、リズ・ロングハーストは性暴力を含むポルノを違法化する署名運動を開始しました。五万人ほ ど集まった段階でイギリス政府は過激なポルノであるとするホームページの閉鎖を行おうとしましたが、ホームページのサーバがアメリカなどにおかれており、 それらがアメリカでは表現の自由の範囲内と警察が認めているために閉鎖要請に協力することが出来ませんでした。この為、2005年の段階でブレア政権内務 省は既に英国内では出版・販売が禁止されている「過激ポルノ」を締め出すために、所持を違法化するのを模索し始めます。 あまりにも行過ぎた法案と言う反対意見もありましたが、右翼系タブロイド誌にも書き立てられ法案(Criminal Justice Bill of 2008)は2008年に可決され、2009年1月をもって施行されました。 http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/6237226.stm http://www.theregister.co.uk/2007/07/03/extreme_smut_possession_criminalised/ http://www.theregister.co.uk/2008/04/25/justice_bill_extreme_pron/Continue reading

Posted in censorship, events, harmful material, Japanese, public morality and media | 1 Comment

The Lull Between the Storms – 2011 Update

Hello everyone. I’m sure you are wondering what’s been going on in Japan. I have mostly good news. Our book sold damn well at the Comic Market. 1000+ copies in less than two hours is pretty good, I’d say. We … Continue reading

Posted in censorship, doujinshi, events, harmful material, news, nonexistent youth, public morality and media | 42 Comments